政治

2019年9月6日

トルコの与党政治家「リヴィウよりモスクワへ行くべき」 ウクライナ大使は強く批判

トルコの与党政治家「リヴィウよりモスクワへ行くべき」 ウクライナ大使は強く批判

トルコ与党の公正発展党のアンタルヤ市支部長のイブラヒム・エトヘム・タシュ氏が、野党出身の同市長のウクライナ西部リヴィウへの訪問につき、「(ロシアの)モスクワを訪問した方が良い」と書かれた記事を拡散して批判したところ、これに対して、アンドリー・シビハ在トルコ・ウクライナ大使が「野蛮で無礼」な発言として強く批判した。

MH17撃墜事件の被害者親族、ツェマフ氏釈放に懸念

MH17撃墜事件の被害者親族、ツェマフ氏釈放に懸念

マレーシア航空機MH17撃墜事件で、親族3人を失い、現在オランダの「MH17航空機事件」基金の理事会メンバーをつとめるピット・プルーグ氏は、武装集団「DPR」の元戦闘員であるヴォロディーミル・ツェマフ容疑者が釈放されたことで、捜査が同氏から情報を得られなくなることを懸念している。

2019年9月5日

MH17撃墜事件の国際捜査官、ツェマフ容疑者釈放の判決にコメント

MH17撃墜事件の国際捜査官、ツェマフ容疑者釈放の判決にコメント

国際共同捜査チーム(JIT)でマレーシア航空機MH17撃墜事件の捜査を行う捜査官たちは、5日、ウクライナの裁判所が武装集団「DPR」の元「対空防衛部隊指揮官」であり、MH17撃墜事件の証言者である、ヴォロディーミル・ツェマフ容疑者を釈放する判決を下したことにつき、同容疑者は「ウクライナに残って欲しい」と思っている。

キーウ控訴裁判所、MH17撃墜事件の重要証言者を釈放

キーウ控訴裁判所、MH17撃墜事件の重要証言者を釈放

5日、キーウ(キエフ)控訴裁判所は、武装集団「DPR」のスニージュネ市の元「対空防衛部隊指揮官」であり、MH17撃墜事件の証言者である、ヴォロディーミル・ツェマフ容疑者の未決囚予防措置を、拘束から特別義務の下での釈放に変更する判決を下した。

2019年9月4日

2019年9月3日

2019年9月2日

本日、独仏宇露4国の補佐官級会合がベルリンで開催

本日、独仏宇露4国の補佐官級会合がベルリンで開催

9月2日、ベルリン(ドイツ)にて、ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシア4国の首脳外政担当補佐官級の会合が開催される。ウクライナからは、ヴァディム・プリスタイコ外相とアンドリー・イェルマーク大統領補佐官が出席する。

2019年9月1日

ゼレンシキー大統領、メドヴェチューク氏らの野党生活党の問題を指摘

ゼレンシキー大統領、メドヴェチューク氏らの野党生活党の問題を指摘

ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、ロシア政権に近いヴィクトル・メドヴェチューク氏らの「野党プラットフォーム・生活のため党(野党生活党)」の資金の出どころを把握しているとし、「今後非常に大きな話題となり、それはひどい形で終わることになろう」と発言した。

2019年8月31日

2019年8月30日

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}