特集

6日前

最高会議選挙2019 ウクライナの特殊性と世界の傾向

ウクライナには、暑い政治の7月が訪れている。

1ヶ月前

ゼレンシキーの欧州初訪問:専門家たちの評価

ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)を初めて訪問した。特に批判は聞かれない。ウクライナの西へ向かう歩みは続いている。

1ヶ月前

最高会議選挙:ウクライナの有権者にとって最善の結果は何か

7月21日に投票日を迎える最高会議(国会)選挙。出馬するのは、旧来の政党、新政党、有名無実の政党、そして大富豪(オリガルヒ)たちが政界に送り込みたがっている人物である。

1ヶ月前

ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領就任演説全文

5月20日、ヴォロディーミル・ゼレンシキー氏が最高会議にて第6大統領に就任した。

1ヶ月前

EUビザ免除から2年。ウクライナ人はより頻繁に欧州旅行をするようになったか

ウクライナ国民が欧州シェンゲン圏へ渡航するのにビザ(査証)が必要なくなってから2年が経過した。欧州旅行をするウクライナ人は約3割増えており、格安航空会社は新たな路線を次々に発表している。

2ヶ月前

誰がいつ、オデーサ、ヘルソン、マリウポリを作ったのか

ウクライナ南部には、ロシア帝国の作った「伝説」やロシア・プロパガンダとは異なる本当の歴史がある。

2ヶ月前

最高会議選挙はどのようなシステムで行われるか 現実的なシナリオは?

今年中に行われる最高会議(国会)選挙。現在、どのような選挙制度で行われるか議論が活発化している。新しい選挙法典案の採択か、別の法案か、これまでの法律を使うのか、改正が行われるのか。ウクルインフォルムが専門家に尋ねた。

2ヶ月前

大統領選挙:民主主義の実現

暫定的結果によれば、ウクライナの次期大統領は、ヴォロディーミル・ゼレンシキー氏となる。ウクライナ国民は、意識的に、自由かつ民主的に大統領を選んだのだ。

3ヶ月前

決選投票:ウクライナの将来は二人の候補者への支持だけでは決まらない

現在の「非典型的」大統領選挙レースの流れがその他の政治プロセスにどのように影響を与えるか分析しよう。とりわけ、秋の最高会議(国会)選挙への影響を。

3ヶ月前

大統領選挙2019 これぞ本当の選挙だ

ウクライナにとっての1番の課題は、過ちを犯さないこと

3ヶ月前

クリミア占領5年と露メディアの偽情報=EUvs偽情報特集記事

ロシア国営通信のサイト「リア・ノーヴォスチ」は、世界が「クリミアをロシアの一部」と認め始めている、との印象を作り出そうと努力している。

3ヶ月前

2019年のウクライナの二つの重要な選挙

間もなく投票日を迎えるウクライナの大統領選挙。しかし、ウクライナの政治制度上、秋の国会選挙の重要性も忘れてはならない。

4ヶ月前

2019年ウクライナ大統領選挙:投票から就任までの流れ

ウクライナ大統領選挙の投票日が近づいている。有権者は、誰に次の5年間の大統領ポストを任せるのか。残る時間は、あと3週間である。

4ヶ月前

スヴィトラーナ・ドリューク「DPR義勇兵」のウクライナ側への「寝返り」と社会の反応

これは、短く言えば、ウクライナの特務機関による大成功の話である。しかし、この「DPR戦闘員」に関する特殊作戦には、様々な疑問が呈されている。

4ヶ月前

なぜウクライナとクリミアは、互いの声を23年間聞かなかったのか?

最初は、それは対立を避けるためだった。その後、それは私腹を肥やすためとなった。これを正していくのは、簡単であり、困難である…。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-