特集

1週間前

政治専門家、ゼレンシキー・バイデン会談を評価

9月1日にワシントンで行われたウクライナ米国首脳会談につき、政治専門家たちは、ゼレンシキー大統領とバイデン米大統領が戦略的パートナーシップの更なる発展への関心を示したとして、肯定的に評価している。

4週間前

ロシアに全てを思い出させる「クリミア・プラットフォーム」

間もなく「クリミア・プラットフォーム」の第1回首脳会談が開かれる。企画者、クリミア在住者、外国の代表者は、このプラットフォームをどのように見ているのだろうか。

1ヶ月前

ウクライナの東京オリンピック・メダリスト

ウクライナの選手たちは、東京オリンピックでメダルを19個獲得した。

1ヶ月前

金メダル獲得のベレニューク「準備がなければ、どう踏み込んでもチャンスはない」

東京オリンピックのレスリング男子グレコローマンスタイル87キロ級で金メダルを獲得したウクライナのジャン・ベレニューク選手(最高会議議員)のこれまでの発言を紹介する。

1ヶ月前

高等司法評議会の再編 ウクライナの裁判システム浄化法案の採択

ウクライナ最高会議(国会)が大統領の提出した裁判改革法案の2本目となる、高等司法評議会再編法案(第5068)を採択した。この法案は、ウクライナに何をもたらすのだろうか。

2ヶ月前

国際政治ダイジェスト:ウクライナ改革会議、中国との危ない火遊び、モルドバ議会選挙

7月11日、モルドバでは、繰り上げ議会選挙が行われ、マイア・サンドゥ大統領創設の政党が大きな勝利を収めた。

2ヶ月前

高等裁判官選考委員会再編問題 ウクライナの裁判改革は前進したのだろうか

ウクライナ最高会議(国会)は、ウクライナ大統領提案の裁判改革パッケージに入る、高等裁判官選考委員会の再編を定める法案第3711ーdを採択した。

2ヶ月前

EURO2020決勝Tでウクライナ代表はストーリーを作れるか

6月29日、サッカー・ウクライナ代表は、グラスゴーにて欧州サッカー連盟(UEFA)主催のサッカーの欧州選手権EURO2020決勝トーナメント第1戦でスウェーデンと対決する。

3ヶ月前

正反対の見方の米露首脳会談

米露首脳会談に向けて、プーチン露大統領は「殺人者」のレッテルを剥がしたいと考えているのに対し、バイデン米大統領はロシアによる情勢不安定化を止めるよう説得しようとしている。

3ヶ月前

ドイツ緑の党の躍進

独露間で建設されているノルド・ストリーム2に関しては、緑の党は当初から批判している。

3ヶ月前

ゼレンシキー大統領、就任から2年 専門家の評価

政治専門家たちはおおむね、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領の就任2年目の活動を5段階評価の「4」と評価している。

4ヶ月前

ブリンケン米国務長官のウクライナ訪問

米国のウクライナ訪問団は、米露首脳会談に向けて、ウクライナ情勢の詳細な分析を行なった。

4ヶ月前

5月9日は、対独戦勝記念日 ゼレンシキー大統領が国民向けメッセージ発表(全訳)

5月9日は、ウクライナでは「ナチズムへの勝利の日」と定められている。ゼレンシキー大統領は、この日に合わせて、ウクライナ国民向けの動画メッセージを公開した。

4ヶ月前

制裁 〜ロシアの理解する言語〜

プーチン露大統領が得意とする、相手の弱みに付け入る外交戦術は、今回は機能していない。

5ヶ月前

とても正しいキーウ区行政裁判所の解体

ウクルインフォルムが専門家にコメントを求める場合、彼らが満場一致で大統領の決定を支持するということは、稀である。しかし、今回、その稀な事例が生じた。長らく待ちわびられた悪名高い裁判所の解体法案についてである。

5ヶ月前

独仏露3国首脳会談のやりとり

犠牲者にならないためには、ウクライナは自らの立場を主張しなければならない。

6ヶ月前

ウクライナと日本が安全保障分野で協力を深めるには何をすべきか

ウクライナと日本は、共通の価値と脅威を有すと言われるが、その協力は今のところ限定的である。ウクライナは、安全保障分野で日本と協力するために、何を理解すべきだろうか。

7ヶ月前

【MH17撃墜事件】ウクライナ東部上空非完全封鎖の追加調査終了

「フライト・セーフティー基金」は、ウクライナが2014年7月のマレーシア航空機撃墜事件の際に同国東部上空を完全に封鎖していなかったことに関する追加分析の結果報告書を公開した。

7ヶ月前

プロパガンダTVへの制裁の正しさ

国家安全保障国防会議(NSDC)の決定により活動停止となったテレビ局は、戦時中においてウクライナの国家安全保障に長らくダメージを与えてきた局である。

7ヶ月前

ウクライナ対ロシア事件 欧州人権裁判所での中間勝利

欧州人権裁判所のウクライナ対ロシア事件(クリミア関連)の管轄権を認める決定は、占領国の政治的・法的責任と賠償金をもたらすものとなる。

8ヶ月前

ウクライナ・モルドバ両国大統領共同声明全文

2021年1月12日、キーウ(キエフ)にて、ゼレンシキー・ウクライナ大統領とサンドゥ・モルドバ共和国(以下、モルドバ)大統領は、共同声明に署名を行った。

8ヶ月前

記者と読者のためのファクトチェック ウクルインフォルムとドイツ通信、白書を公開

誰もが利用するソーシャルメディア。読者の皆さんは、目にする情報について「改ざんされたものではないか?」「写真は本物か?」「どのように検証したら良いのか?」といった疑問を抱いたことはないだろうか。

8ヶ月前

ドンバス情勢解決「プランB」とは?

プランBとなり得るのは、「ミンスク諸合意」の最悪の項目を見直すこと、米国を協議プロセスに加えることから、国際平和維持軍の展開や紛争の凍結まで様々なものが予想されている。

9ヶ月前

ロシアは今もノルド・ストリーム2建設再開を試みている

米国の制裁が、独露新天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」の運命を握っている。

9ヶ月前

バイデン氏の幹部候補者指名から見る対ウクライナ政策

米国次期政権は、汚職対策をはじめ、ウクライナのあらゆる改革分野へ注意を高めるであろう。

9ヶ月前

「クラウチューク・プラン」とはどのようなものか

「クラウチューク・プラン」とは、古くなり過ぎたミンスク諸合意、ロシアが戦争の仲介者ではなく当事者であるという事実、ウクライナにドンバス地方をナゴルノカラバフの状態にするつもりがないことから生まれた計画である。

10ヶ月前

ウクライナは「ポスト・プーチン」時代到来を早められるか?

米国の研究者ヘルマン・ピルヒナー氏がキーウ(キエフ)にて自著『ポスト・プーチン』のプレゼンテーションを行なった。

10ヶ月前

バイデン氏のウクライナ関連発言集

米大統領選挙にて当選を確実にしたバイデン氏は、ウクライナへの殺傷性武器の供与を約束している。同時に、彼はウクライナの汚職との闘いに懸念を抱いている。

10ヶ月前

10月25日、ウクライナでは統一地方選挙と全国世論調査実施

10月25日、ウクライナでは地方選挙が行われ、地方議会議員と地方自治体首長が選出される。ロシアにより一時的占領下にあるクリミア自治共和国・セヴァストーポリとドネツィク・ルハンシク両州一部地域では、いずれの選挙も実施されない。

11ヶ月前

報道界の探偵「ファクトチェッカー」

現在、情報操作や偽情報を解明することは、犯罪捜査と同程度重要となっている。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-