特集

15.11.2018 /

クリミア・タタール民族会議「クルルタイ」開催:何が話され、何が決められたか

11月12日、キーウ(キエフ)市内で、クリミア・タタール民族会議「クルルタイ」(意思決定機関)の会合を開催した。これはクルルタイの歴史上初めて、クリミアの外での開催となったが、それは不可避の問題を緊急に解決する必要があったことと、被占領下クリミア内では開催が不可能であったことが理由である。

29.10.2018 /

世界の3つの出来事:欧州議会とアゾフ海、首相達の弁証法、隣国の理解

欧州議会は、決議採択により情勢の調整能力を今も維持していることを示した。ウクライナとハンガリーは、政治的ダンスを続けている。

18.10.2018 /

コンスタンティノープル総主教への譲渡が予定されているアンドリー教会に関する9つの事実

バルトロメオ・ラストレッリからヴァルソロメオス1世へ。

08.10.2018 /

クチマが去り、デムチェンコが代わりに来る。「ミンスク」の変化は見えない。

ミンスクにおけるレオニード・クチマ元大統領の活動は、間違いなく効果的ではなかった。しかしながら、それは彼個人の罪では、全くない。

01.10.2018 /

ヴォルカー米国特別代表からロシアへの、「真の外交」のレッスン

ヴォルカー・アメリカ国務省ウクライナ問題担当特別代表は、ロシアの「モスクワのこだま」の多くの視聴者に対して、ドンバス地方情勢を説明する際にロシアをはっきりと占領国、侵略国、うそつきと呼んだ。

24.09.2018 /

ウクライナ正教会の独立とロシア正教会の抵抗、その歴史的背景

ウクライナの正教会の独立が近い。ウクライナの社会はもっぱらその話題で持ちきりである。もし本当に独立するのであれば、間違いなく大きな歴史的出来事となる。

17.09.2018 /

世界の3つの出来事:ドイツの立場、ハンガリーに反対する欧州議会、ヴォルカーの10回目のウクライナ訪問

ドイツのメルケル首相とマース外相の発言は、ドイツ政府がウクライナ情勢を適切に把握しているという希望をもたらすものである。

10.09.2018 /

世界の3つの出来事:クルツ墺首相訪問、印刷された感情、未来を模索するメルケルとマクロン

クルツ・オーストリア首相がキーウ(キエフ)を訪問。マクロン・フランス大統領とメルケル・ドイツ首相は、現代版「ラ・マルセイエーズ」を歌った。

04.09.2018 /

MH17の悲劇:近づく裁判の日

オランダでは、注目される裁判の準備が継続している。

04.09.2018 /

ウクライナ政治の中のメドヴェチューク:据える場所に困る人物

専門家は、プーチンの親戚がウクライナ政治にいることは、プーチン自身の重要な要求であるとの確信を持っている。彼の将来の役割は何であろうか。将来の国会議長?ドンバス問題副首相?首相?それとも大統領であろうか?

04.09.2018 /

ジョン・マケインの発言の引用

ウクルインフォルムは、マケイン米国上院議員によるウクライナ、ロシア、プーチンに関する代表的発言を集めた。

04.09.2018 /

世界の3つの出来事:爆発と正教会

ロシア正教会の総主教は、コンスタンティノープル総主教との直接会談をもってしても、ウクライナ正教会への自治独立付与のプロセスを止めることはできなかった。

04.09.2018 /

どうしてウクライナ人は、なかなかポジティブな変化を信じられないのか

調査結果では、ウクライナの消費意欲が下がっている。他方で、乗用車の購入数は増加している。これはどういうことだろうか。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.uaへのハイパーリンクは第一 段落より上部にすることを義務付けています。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、 ukrinform.uaからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のペー ジにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2018 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica
詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-