特集

22時間前

クリミア占領5年と露メディアの偽情報=EUvs偽情報特集記事

ロシア国営通信のサイト「リア・ノーヴォスチ」は、世界が「クリミアをロシアの一部」と認め始めている、との印象を作り出そうと努力している。

3日前

2019年のウクライナの二つの重要な選挙

間もなく投票日を迎えるウクライナの大統領選挙。しかし、ウクライナの政治制度上、秋の国会選挙の重要性も忘れてはならない。

2週間前

2019年ウクライナ大統領選挙:投票から就任までの流れ

ウクライナ大統領選挙の投票日が近づいている。有権者は、誰に次の5年間の大統領ポストを任せるのか。残る時間は、あと3週間である。

2週間前

スヴィトラーナ・ドリューク「DPR義勇兵」のウクライナ側への「寝返り」と社会の反応

これは、短く言えば、ウクライナの特務機関による大成功の話である。しかし、この「DPR戦闘員」に関する特殊作戦には、様々な疑問が呈されている。

3週間前

なぜウクライナとクリミアは、互いの声を23年間聞かなかったのか?

最初は、それは対立を避けるためだった。その後、それは私腹を肥やすためとなった。これを正していくのは、簡単であり、困難である…。

1ヶ月前

44人の大統領選挙候補者の存在自体が持つ、国民にとってのメリット

「勝ち目のない」大統領選挙候補者たちは、各々がそれぞれのゲームを行っている。そして、そこから利益を得るのは、実は、私たち国民である。

2ヶ月前

野営テントの教会? ハルキウ州住民が作った自分達の教会

ハルキウ州ボホドゥヒウ市では、最近作られたウクライナ正教会所属聖ドゥヒウ教会にて聖体礼儀が行われ始められた。教会の土地は、住民が集めたお金で購入したものである。

2ヶ月前

2018年の10の出来事

ウクライナにとっての2018年は、多くのドラマや損失こそあったけれど、希望と改善の年であったと言える。

3ヶ月前

短期戦で勝ったロシアと、長期戦で逆転するウクライナ

12月17日に採択された国連のクリミア決議を巡って。

3ヶ月前

「存在しなかった安全」ブダペスト覚書署名から24年

12月5日、ブダペスト覚書の署名から24年が経過した。

4ヶ月前

クリミア・タタール民族会議「クルルタイ」開催:何が話され、何が決められたか

11月12日、キーウ(キエフ)市内で、クリミア・タタール民族会議「クルルタイ」(意思決定機関)の会合を開催した。これはクルルタイの歴史上初めて、クリミアの外での開催となったが、それは不可避の問題を緊急に解決する必要があったことと、被占領下クリミア内では開催が不可能であったことが理由である。

4ヶ月前

世界の3つの出来事:欧州議会とアゾフ海、首相達の弁証法、隣国の理解

欧州議会は、決議採択により情勢の調整能力を今も維持していることを示した。ウクライナとハンガリーは、政治的ダンスを続けている。

5ヶ月前

コンスタンティノープル総主教への譲渡が予定されているアンドリー教会に関する9つの事実

バルトロメオ・ラストレッリからヴァルソロメオス1世へ。

5ヶ月前

クチマが去り、デムチェンコが代わりに来る。「ミンスク」の変化は見えない。

ミンスクにおけるレオニード・クチマ元大統領の活動は、間違いなく効果的ではなかった。しかしながら、それは彼個人の罪では、全くない。

5ヶ月前

ヴォルカー米国特別代表からロシアへの、「真の外交」のレッスン

ヴォルカー・アメリカ国務省ウクライナ問題担当特別代表は、ロシアの「モスクワのこだま」の多くの視聴者に対して、ドンバス地方情勢を説明する際にロシアをはっきりと占領国、侵略国、うそつきと呼んだ。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-