特集

1週間前

「ロシアの対ウクライナ戦争は、クリミアから始まったのであり、クリミア解放で終わるべき」=ゼレンシキー宇大統領メッセージ全文

ウクライナのゼレンシキー大統領は9日、ウクライナはクリミアを決してあきらめないし、クリミアから始まったロシアの戦争は、クリミアの解放で終わるべきだと発言した。

3週間前

戦争の中を生きるウクライナの人々

ウクライナはロシアによる全面戦争との対峙を続けている。ウクルインフォルムのフォトグラファーたちは、戦争の中を生きる人々を記録し続けている。

1ヶ月前

ゼレンシキー宇大統領の東洋大学等大学関係者への講演全文

ウクライナのゼレンシキー大統領は4日、日本の東洋大学を中心に、他14の大学をオンラインで接続する形で、日本の大学の学生・教師に向けた講演を行った。

1ヶ月前

「アフリカはロシアの始めた対ウクライナ戦争の人質となってしまった」=ゼレンシキー宇大統領のアフリカ連合への演説全文

ゼレンシキー宇大統領は20日、アフリカ連合総会事務局に対して演説を行い、世界の飢餓の脅威をなくすためには、ロシアによる侵略植民地主義政策への回帰の試みが止められねばならないと発言した。

2ヶ月前

「ウクライナ軍は到達すると被占領地の人に伝えて欲しい」=ゼレンシキー宇大統領の6月13日メッセージ全文

ウクライナのゼレンシキー大統領は13日、国民に対して、現在ロシアに占領されている南部、ドンバス地方、ハルキウ州に残っている人々と話をして欲しい、彼らにウクライナのことや、真実について伝えて欲しい、ウクライナ軍は必ず到着するということを話して欲しいと要請した。

2ヶ月前

ロシアの対ウクライナ戦争におけるジェノサイド要素の分析報告書

米国とカナダの2つの研究所は、ロシア連邦がウクライナに対して行っている行動を分析した上で、各国がジェノサイドを予防しなければならないと結論付けている。

3ヶ月前

「二度と繰り返さない」はこれまでと異なる意味で受け止められる=ゼレンシキー大統領、第二次世界大戦終戦日記念演説

ゼレンシキー大統領は、5月8日の第二次世界大戦の終結を記念した「追憶と和解の日」に合わせ、ウクライナ国民へ向けた呼びかけ動画を公開した。

3ヶ月前

ゼレンシキー宇大統領の国内報道機関インタビュー

ウクライナのゼレンシキー大統領は16日、国内の報道機関、ウクルインフォルム、ウクラインシカ・プラウダ、左岸、リーハ、RBCウクライナ、オボズレヴァテリとインタビューを行った。

4ヶ月前

ゼレンシキー宇大統領の日本の国会での演説全文

ウクライナのゼレンシキー大統領は23日、日本の国会にて演説を行なった。

5ヶ月前

「ウクライナの空を安全に」 ゼレンシキー大統領の英議会での演説全文

ゼレンシキー大統領は8日、英国議会で演説を行った。

5ヶ月前

ゼレンシキー・ウクライナ大統領の欧州議会での演説(3月1日)

3月1日、ゼレンシキー・ウクライナ大統領は、欧州議会にオンラインで出席し、演説を行った。全文は以下のとおり。

6ヶ月前

英国・ポーランド両首相のウクライナ訪問 その成果は?

2月2日、モラヴィエツキ・ポーランド首相とジョンソン英国首相がウクライナ首都キーウ(キエフ)を訪問した。モラヴィエツキ氏は武器供与を約束し、ジョンソン氏はウクライナのロシア産エネルギー依存を下げることを目的に何十億ポンドの支援を発表した。しかも、両国からの支援はそれだけにとどまらない。

8ヶ月前

「私と話すんだ、ジョー!」 各国報道機関の米露首脳会談の報道まとめ

7日の米露首脳オンライン会談につき、世界各国の報道機関からさまざまな見方が伝えられている。

8ヶ月前

メルケルからショルツへ ウクライナのドイツ新政権への期待

ドイツ3党の連立協約にはウクライナについて何が書かれているのだろうか。

9ヶ月前

ウクライナ軍の攻撃型無人機使用についての親露メディアの偽情報

ウクライナの事実確認(ファクトチェック)団体「VoxCheck」は、10月25日から31日にかけて、ウクライナ国内の親露報道機関による印象操作報道のファクトチェックを行った。

10ヶ月前

バイデンの外交戦略 中国、欧州、ロシア・ウクライナ

バイデン政権は、前政権の対中対抗戦略を引き継ぎつつ、世界のリーダーとしての地位を復活させようとしているが、しかし、今のところはそれが対欧州の外交政策に否定的な影響を及ぼしている。

11ヶ月前

政治専門家、ゼレンシキー・バイデン会談を評価

9月1日にワシントンで行われたウクライナ米国首脳会談につき、政治専門家たちは、ゼレンシキー大統領とバイデン米大統領が戦略的パートナーシップの更なる発展への関心を示したとして、肯定的に評価している。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-