特集

2日前

バイデン氏の幹部候補者指名から見る対ウクライナ政策

米国次期政権は、汚職対策をはじめ、ウクライナのあらゆる改革分野へ注意を高めるであろう。

4日前

「クラウチューク・プラン」とはどのようなものか

「クラウチューク・プラン」とは、古くなり過ぎたミンスク諸合意、ロシアが戦争の仲介者ではなく当事者であるという事実、ウクライナにドンバス地方をナゴルノカラバフの状態にするつもりがないことから生まれた計画である。

2週間前

ウクライナは「ポスト・プーチン」時代到来を早められるか?

米国の研究者ヘルマン・ピルヒナー氏がキーウ(キエフ)にて自著『ポスト・プーチン』のプレゼンテーションを行なった。

2週間前

バイデン氏のウクライナ関連発言集

米大統領選挙にて当選を確実にしたバイデン氏は、ウクライナへの殺傷性武器の供与を約束している。同時に、彼はウクライナの汚職との闘いに懸念を抱いている。

1ヶ月前

10月25日、ウクライナでは統一地方選挙と全国世論調査実施

10月25日、ウクライナでは地方選挙が行われ、地方議会議員と地方自治体首長が選出される。ロシアにより一時的占領下にあるクリミア自治共和国・セヴァストーポリとドネツィク・ルハンシク両州一部地域では、いずれの選挙も実施されない。

1ヶ月前

報道界の探偵「ファクトチェッカー」

現在、情報操作や偽情報を解明することは、犯罪捜査と同程度重要となっている。

1ヶ月前

「ルカシェンコは引き返せないところまで来た」 ベラルーシ専門家の情勢予想

ベラルーシの政治専門家に、同国情勢の評価と予想を聞いた。

3ヶ月前

ベラルーシの「赤い星」と「白い騎士」

いつ、どのようにして、ベラルーシのシンボルは「分裂」したのだろうか。

3ヶ月前

加盟に向けた3つの要素:ウクライナのNATOへの道

安全保障のためには、国内の強靭さが不可欠である。

3ヶ月前

【ブログ】ベラルーシの抗議 ウクライナの記者へのアドバイス

2013~14年、キーウ(キエフ)の大規模抗議の際、私は、実際の状況について、なぜウクライナ人が通りに出たのか、ということを含め、祖国の人に伝えようと最大限報じた。

3ヶ月前

世界の3つの出来事:東部ハイブリッド停戦、ルブリン・トライアングル、ベラルーシに現れた露民間軍事会社

ウクライナ東部ドンバス地方の「包括的停戦」は、三者コンタクト・グループ(TCG)ウクライナ代表の人事交代やロシア側の戦術変更をもたらした。

4ヶ月前

独露新ガスパイプラインは完成するか?

7月6日、デンマークが独露新ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」の海中建設に許可を出した。

4ヶ月前

ボルトン回顧録には、ウクライナについて何が書かれているか?

トランプ米政権で大統領補佐官(国家安全保障担当)を努めていたジョン・ボルトン氏の回顧録は、ウクライナ問題にへのドナルド・トランプ大統領の見方を明らかにしている。

5ヶ月前

ロシアの対独戦勝式典は欧州各国首脳にとってのテスト

ロシア連邦は、モスクワにて大規模な軍事ショーを行うことで、世界に対して新しい兵器を示しつつ、自らの影響力の強化を試みている。

6ヶ月前

新しいモスク建設とイスラム教祭日制定の提案は、ポピュリズムか、それとも必要な決定か?

ウクライナに暮らす大半のイスラム教徒は移民ではなく、先住民であり、彼らは自らの国が自分のものであると感じたがっている。

6ヶ月前

アメリカの大陪審とウクライナの大富豪

ウクライナのオリガルヒ(大富豪)イーホル・コロモイシキー氏に関する米オハイオ州クリーブランド市における大陪審審理が、米国とウクライナに政治的・金融的影響をもたらそうとしている。

6ヶ月前

新駐ウクライナ米大使に退役中将指名

5月1日、米ホワイトハウスは、ドナルド・トランプ大統領がキース・デイトン退役中将を次期駐ウクライナ米大使に指名したと発表した。

6ヶ月前

ノルマンディ4国外相ビデオ会議開催へ 何が期待できるか

4月30日、ウクライナ、ドイツ、フランス、ロシアの4国(ノルマンディ・フォーマット)の外相がビデオ会議を開催し、ドンバス地方へのロシア侵略につき議論を行う。

7ヶ月前

ゼレンシキー政権の1年 何が実現されたか

実現されたものは多い。すべきことは更に多い。現在の世界を覆う危機は、巨大な挑戦となっているが、しかし、ウクライナは耐えている。

7ヶ月前

チョルノービリ立入制限区域の火災

専門家が現在被害を調査しているが、はっきりわかっていることは、チョルノービリ(チェルノブイリ)原子力発電所とその他重要インフラには被害がないということである。

8ヶ月前

ウクライナの10の検疫方策

ウクライナは、新型コロナウイルス感染(Covid-19)拡散脅威の対策として、厳格な検疫方策を導入し、同時に国内経済のための刺激政策も採択した。

8ヶ月前

露発のマレーシア航空機撃墜事件の偽情報は5つに分類可能=EU対策チーム

ロシア発のマレーシア航空機MH17撃墜捜査・裁判を巡る偽情報キャンペーンは、主に5つのテーマに分類できる。

8ヶ月前

ウクライナ内閣改造まとめ

2020年3月4日、ウクライナ最高会議(国会)は、臨時会合にてオレクシー・ホンチャルーク首相を解任し、副首相を務めていたデニス・シュミハリ氏を新首相に任命した。

8ヶ月前

シュミハリ新内閣:慎重な共感や懸念 専門家の見方

ウクルインフォルムは、4日に最高会議により誕生したデニス・シュミハリ首相率いる新内閣について、政治や経済の専門家に対してその活動予想を尋ねた。

9ヶ月前

ロシアが交渉で日本とウクライナに提示する条件は似ている

安倍首相は、これまでの妥協による交渉の進展が見られないにもかかわらず、本当に5月9日にモスクワを訪れるのだろうか。

10ヶ月前

ウクライナはイランによる752便撃墜を知りつつ、敵対を避けて慎重に行動した=米紙

米ワシントン・ポスト紙は、イランでのウクライナ航空機PS752便撃墜に関するウクライナ政権の行動を分析した特集記事を公開した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-