写真

5時間前

スーミ市にて、戦死したコロステリョウ大佐の告別式が開催

20日、北部スーミ市にて、東部の戦闘で死亡した第128山岳襲撃旅団指揮官のイェウヘン・コロステリョウ大佐の告別式が開催された。

1日前

引き離し地点ペトリウシケにて、157個の爆発物を無力化

東部ドネツィク州のペトリウシケとボフダニウカの兵力等引き離し地点にて、既に157個の爆発物が発見され、無力化された。同地点では、爆発物の捜索作業が継続している。

2日前

キーウ市内シナゴーグの壁に新しいミニ彫刻登場

キーウ(キエフ)市内のブロツィキー・シナゴーグの外壁に、「キーウ」の名前が歴史上初めて記述された文書を模したミニ彫刻が設置された。

2日前

ペトリウシケ付近の地雷除去12ヘクタール完了

17日、ドネツィク州ペトリウシケとボフダニウカの兵力等引き離し地点にて、国家非常事態庁の職員は、40の爆発物を除去した。同プロセス開始からは、合計で89の爆発物が除去されたと伝えている。

4日前

東京オリンピックはウクライナを日本に見せる良い機会=文化・スポーツ相

2020年の東京夏季オリンピック・パラリンピックは、日本にウクライナを見せる良い機会となる。

5日前

クリミアとの通過検問地点2箇所の改修完了 再オープン

南部の被占領下クリミアとヘルソン州を結ぶ通過検問地点「カランチャク」と「チョンハル」の改修が終わり、15日、業務が再開された。

6日前

最高会議、2020年度国家予算を採択

14日、最高会議(国会)は、「2020年度国家予算」法案を採択した。

6日前

日本大使、東部ルハンシク州で同国支援先施設を訪問

倉井高志駐ウクライナ特命全権大使は、東部ルハンシク州を訪問した際、日本政府の支援により修復された複数施設を訪れた。

1週間前

キーウ市内に無国籍問題を伝える壁画が登場 国連機関キャンペーン

キーウ(キエフ)市内ポジール地区に、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の無国籍者問題を啓蒙するキャンペーン「#IBelong」を伝える壁画「小さな国民」が発表された。

1週間前

郵便局、キーウ・メトロ創立記念切手を発行

国営郵便「ウクルポシュタ」は、キーウ(キエフ)・メトロの創立記念を祝う記念切手を発行した。

2週間前

キーウ市内、水道管破裂により車道が陥没

5日午後4時40分頃、キーウ(キエフ)市内ショタ・ルスタヴェリ通りとサクサハンシコホ通りにて、温水用水道管が破裂し、道路が陥没。現場には、キーウテプロエネルホ社職員が作業を行った。乗用車一台の車体片側が、陥没部分に落ちたが、同日中に引き上げられた。乗員に怪我はない。

2週間前

ウクライナ風ファッションショー 渋谷の文化服装学院にて開催

11月3~5日、東京都渋谷区の文化服装学院にて、「ウクライナ風ファッションショー」が開催された。

2週間前

「カーチャのいない1年」活動家殺害から1年、大統領府前で事件喚起集会

4日夜、キーウ(キエフ)市内の大統領府前にて、1年前に亡くなった活動家カテリーナ・ハンジューク氏の殺害事件を喚起する集会「カーチャのいない1年」が開催された。

2週間前

ゼレンシキー大統領、NATO事務総長に協力深化への期待を発言

ゼレンシキー大統領は、ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長に対し、ウクライナはNATOとの協力深化を期待していると発言した。

3週間前

マリウポリ市は新しいドンバス地方にとってのスタート地点となる=ゼレンシキー大統領

ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、マリウポリ市は既にヨーロッパの都市であり、新しいドンバス地方にとってのスタート地点となる街だと発言した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-