政治

2021年10月20日

2021年10月18日

ウクライナの偽情報検証団体、中国の影響を警告

ウクライナの偽情報検証団体、中国の影響を警告

ウクライナの偽情報検証団体「ストップフェイク」は、ウクライナにおける中国の影響はロシアのものよりソフトで抑制的だが、それを無視することはもう一つの危機に陥り得ると指摘している。

メドヴェージェフ露安保会議副書記は「政治の墓地」代表=ウクライナ大統領府

メドヴェージェフ露安保会議副書記は「政治の墓地」代表=ウクライナ大統領府

ロシア連邦のドミトリー・メドヴェージェフ安全保障会議副書記(元大統領)が露コメルサント紙に「ウクライナ現政権とは連携すべきでない」との趣旨の記事を掲載したことにつき、ウクライナ大統領府は、それはメドヴェージェフ氏が自身のことを思い出してもらおうとするための試みだったのかもしれないとコメントした。

ゼレンシキー大統領、親露政治家メドヴェチューク氏を露に引き渡し得る条件に言及

ゼレンシキー大統領、親露政治家メドヴェチューク氏を露に引き渡し得る条件に言及

国家反逆罪容疑などで裁判の判決が出るまで自宅軟禁措置を受けている、最高会議親露政党会派「野党プラットフォーム・生活のため党(野党生活党)」議員のヴィクトル・メドヴェチューク容疑者につき、ゼレンシキー大統領は、同容疑者をロシア連邦が拘束するウクライナ国民政治囚と交換する可能性を指摘した。

2021年10月17日

2021年10月16日

2021年10月15日

独政府、ノルマンディ4国会談実施を支持

独政府、ノルマンディ4国会談実施を支持

ドイツ政府は、独仏宇露4国からなり、ロシア・ウクライナ武力紛争解決協議を行うノルマンディ・フォーマットのハイレベルでの会談の実施は、目的に適っていると考えている。

2021年10月13日

ウクライナ代表、ケルチ海峡沖艦船拿捕事件の仲裁裁判を説明

ウクライナ代表、ケルチ海峡沖艦船拿捕事件の仲裁裁判を説明

オランダ・ハーグの仲裁裁判所にて始まっている2018年11月のケルチ海峡沖におけるロシア連邦によるウクライナ海軍艦船拿捕事件に関するウクライナ対ロシアの国際裁判にて、ウクライナ側は仲裁際場所の管轄権承認の決定が半年以内に出ることを期待しており、またロシアに対して軍艦拿捕に対する賠償金を求めていく。

2021年10月12日

独仏首脳、露大統領とも電話会談

独仏首脳、露大統領とも電話会談

メルケル独首相とマクロン仏大統領は、ロシア連邦のプーチン大統領とビデオ電話会談を実施した。独仏首脳は、露大統領に対して、ノルマンディ・フォーマット(独仏宇露4国)協議を前に進めるよう要請した。

2021年10月11日

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}