政治

2020年11月27日

2020年11月26日

ベラルーシ外務省、ウクライナ大使に抗議の口上書手交

ベラルーシ外務省、ウクライナ大使に抗議の口上書手交

26日、ミンスクのベラルーシ外務省は、イーホル・キジム駐ベラルーシ・ウクライナ大使を召喚した上で、ウクライナ国内のベラルーシ大使館前で続く反ベラルーシ政権抗議活動支持集会に関連した口上書を手交した。

2020年11月25日

2020年11月24日

「クラウチューク・プラン」とはどのようなものか

「クラウチューク・プラン」とはどのようなものか

「クラウチューク・プラン」とは、古くなり過ぎたミンスク諸合意、ロシアが戦争の仲介者ではなく当事者であるという事実、ウクライナにドンバス地方をナゴルノカラバフの状態にするつもりがないことから生まれた計画である。

入国禁止対象のハンガリー外交官をウクライナ国境で制止=外務省

入国禁止対象のハンガリー外交官をウクライナ国境で制止=外務省

ハンガリーとウクライナの国境隣接地域の協力に関し、ハンガリー政府全権に任命されているグレジャ・イシュトヴァン氏のウクライナ入国が拒否された。ウクライナ外務省は、同人物はウクライナの地方選挙に干渉したことから入国禁止対象となっていると説明している。

保健相、都市封鎖実施の条件に言及

保健相、都市封鎖実施の条件に言及

新型コロナウイルスの1日の感染者が2万5000から3万となり、医療崩壊の危機に近づいた際には、政府は都市封鎖(ロックダウン)を導入する可能性がある。

2020年11月23日

2020年11月21日

2020年11月20日

「ウクライナはドンバス問題でモルドバの経験を考慮すると良い」=サンドゥ次期モルドバ大統領

「ウクライナはドンバス問題でモルドバの経験を考慮すると良い」=サンドゥ次期モルドバ大統領

モルドバ大統領選挙にて当選したマイア・サンドゥ次期大統領は、モルドバが自国のトランスニストリア問題の協議で選んだ「ソフト・アプローチ」は28年にわたり紛争解決をもたらさなかったと指摘しつつ、ウクライナはそのモルドバの過ちに注意を向けるべきだと発言した。

G7大使、ウクライナ汚職対策改革の後退に警告

G7大使、ウクライナ汚職対策改革の後退に警告

ウクライナに駐在するG7各国とEUの大使は、19日のゼレンシキー大統領との会談にて、現在の憲法裁危機を解決し、汚職対策改革の更なる後退を回避するために緊急の行動が必要であることを確認した。

2020年11月19日

ゼレンシキー大統領、G7大使に憲法裁危機脱出の行動を説明

ゼレンシキー大統領、G7大使に憲法裁危機脱出の行動を説明

ゼレンシキー大統領は19日、ウクライナに駐在するG7各国・EU大使とビデオ会談を行い、10月末の憲法裁判所の判決以降続く危機からの脱出手段を説明し、年内に誤った情報で資産申告を行なった人物への刑罰規定の復活、国家汚職防止庁(NAPC)の機能回復、憲法裁判所問題の解決を行うと発言した。

2020年11月18日

2020年11月17日

2020年11月16日

ゼレンシキー大統領、ドンバス被占領地住民にロシア語で呼びかけ

ゼレンシキー大統領、ドンバス被占領地住民にロシア語で呼びかけ

ゼレンシキー大統領は、ドネツィク・ルハンシク両州の政府管理地域と非政府管理地域の移動に用いられる通過検問地点をウクライナ側は全て開いていると伝えつつ、非政府管理地域に暮らすウクライナ国民に誰が検問地点を塞いでいるのか考えるよう呼びかけた。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}