犯罪

2020年9月25日

2020年9月22日

2020年9月17日

2020年9月15日

2020年9月8日

2020年9月7日

2020年8月31日

2020年8月26日

2020年8月23日

2020年8月17日

2020年8月12日

2020年8月11日

2020年8月7日

2020年8月5日

2020年8月3日

保安庁、銀行爆破予告犯を拘束

保安庁、銀行爆破予告犯を拘束

保安庁(SBU)特殊部隊は3日、キーウ(キエフ)市中心部のビジネスセンター「レオナルド」に立てこもり、建物の爆破予告をしていた男性を拘束した。

2020年7月23日

著名な汚職対策活動家の自宅に放火

著名な汚職対策活動家の自宅に放火

汚職対策に取り組む市民団体「汚職対策センター」(ANTAC)の代表である著名活動家のヴィタリー・シャブーニン氏は、23日未明に自宅が何者かに放火されたと伝えた。

著名な汚職対策活動家の自宅に放火

著名な汚職対策活動家の自宅に放火

汚職対策に取り組む市民団体「汚職対策センター」(ANTAC)の代表である著名活動家のヴィタリー・シャブーニン氏は、23日未明に自宅が何者かに放火されたと伝えた。

2020年7月20日

2020年7月19日

汚職捜査機関、キーウ市区行政裁判所裁判長らに容疑伝達

汚職捜査機関、キーウ市区行政裁判所裁判長らに容疑伝達

17日、政権幹部の汚職捜査に特化した機関である国家汚職対策機関(NABU)は、キーウ(キエフ)市区行政裁判所のパウロ・ヴォウク裁判長含む、同裁判所裁判官ら計8名に対し、政権奪取を計画する犯罪行為を行った容疑を伝達した。

汚職捜査機関、キーウ市区行政裁判所裁判長らに容疑伝達

汚職捜査機関、キーウ市区行政裁判所裁判長らに容疑伝達

17日、政権幹部の汚職捜査に特化した機関である国家汚職対策機関(NABU)は、キーウ(キエフ)市区行政裁判所のパウロ・ヴォウク裁判長含む、同裁判所裁判官ら計8名に対し、政権奪取を計画する犯罪行為を行った容疑を伝達した。

2020年7月17日

MH17便撃墜から6年 オランダでは被害者追悼式開催へ

MH17便撃墜から6年 オランダでは被害者追悼式開催へ

7月17日、マレーシア航空MH17便撃墜事件から6年が経過した。2014年のこの日、アムステルダムからクアラルンプールへと向かっていたMH17便が、被占領下ドンバス地方の上空にてロシア連邦の武装勢力により撃墜された。

MH17便撃墜から6年 オランダでは被害者追悼式開催へ

MH17便撃墜から6年 オランダでは被害者追悼式開催へ

7月17日、マレーシア航空MH17便撃墜事件から6年が経過した。2014年のこの日、アムステルダムからクアラルンプールへと向かっていたMH17便が、被占領下ドンバス地方の上空にてロシア連邦の武装勢力により撃墜された。

MH17便撃墜から6年 オランダでは被害者追悼式開催へ

MH17便撃墜から6年 オランダでは被害者追悼式開催へ

7月17日、マレーシア航空MH17便撃墜事件から6年が経過した。2014年のこの日、アムステルダムからクアラルンプールへと向かっていたMH17便が、被占領下ドンバス地方の上空にてロシア連邦の武装勢力により撃墜された。

MH17便撃墜から6年 オランダでは被害者追悼式開催へ

MH17便撃墜から6年 オランダでは被害者追悼式開催へ

7月17日、マレーシア航空MH17便撃墜事件から6年が経過した。2014年のこの日、アムステルダムからクアラルンプールへと向かっていたMH17便が、被占領下ドンバス地方の上空にてロシア連邦の武装勢力により撃墜された。

2020年7月15日

2020年7月13日

2020年7月8日

保安庁、「DPR」関係者拘束 露情報機関職員

保安庁、「DPR」関係者拘束 露情報機関職員

保安庁(SBU)は7日、キーウ(キエフ)市内にて、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の非常勤職員であり、過去に武装集団「DPR」幹部の監視役を担っていたウクライナ国民を拘束した。

保安庁、「DPR」関係者拘束 露情報機関職員

保安庁、「DPR」関係者拘束 露情報機関職員

保安庁(SBU)は7日、キーウ(キエフ)市内にて、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の非常勤職員であり、過去に武装集団「DPR」幹部の監視役を担っていたウクライナ国民を拘束した。

2020年7月1日

元環境相に贈収賄容疑を伝達

元環境相に贈収賄容疑を伝達

ミコラ・ズロチェウシキー元環境・天然資源相に対し、汚職対策機関幹部に500万ドル相当の賄賂供与を組織した容疑が伝達された。

2020年6月26日

2020年6月23日

【MH17機撃墜裁判】被告弁護士、ウクライナ軍が撃墜した可能性があると発言

【MH17機撃墜裁判】被告弁護士、ウクライナ軍が撃墜した可能性があると発言

23日、オランダにて再開された2014年7月にウクライナ東部におけるマレーシア航空機MH17撃墜事件の裁判にて、オレグ・プラートフ被告(ロシア連邦軍参謀本部情報総局特殊任務部隊所属中将)の弁護士は、同機を撃墜した地対空ミサイル「ブーク」はウクライナ軍人が発射した可能性があると発言した。

2020年6月16日

2020年6月15日

2020年6月14日

600万ドル賄賂事件:捜査停止を求め汚職捜査機関幹部に提示

600万ドル賄賂事件:捜査停止を求め汚職捜査機関幹部に提示

12日、国家汚職対策機関(NABU)は、NABU幹部とホロドニツィキー特別汚職対策検察(SAP)長に対し、汚職捜査終了を目的とした600万ドルの賄賂を元政権幹部が提案した事件を発表した。終了を求められた捜査は、ミコラ・ズロチェウシキー元天然資源相(ブリスマ社総裁)に関するもの。

600万ドル賄賂事件:捜査停止を求め汚職捜査機関幹部に提示

600万ドル賄賂事件:捜査停止を求め汚職捜査機関幹部に提示

12日、国家汚職対策機関(NABU)は、NABU幹部とホロドニツィキー特別汚職対策検察(SAP)長に対し、汚職捜査終了を目的とした600万ドルの賄賂を元政権幹部が提案した事件を発表した。終了を求められた捜査は、ミコラ・ズロチェウシキー元天然資源相(ブリスマ社総裁)に関するもの。

2020年6月9日

2020年6月1日

2020年5月29日

2020年5月27日

裁判所、強姦容疑の警察官2名に逮捕命令

裁判所、強姦容疑の警察官2名に逮捕命令

キーウ(キエフ)市ホロシーウシキー地区裁判所は26日、証人としてキーウ州カハルリク市警察署を訪れた女性に対する強姦・暴行容疑のかけられている警察官2名に対し、未決囚予防措置として逮捕の判決を下した。

2020年5月25日

アメリカの大陪審とウクライナの大富豪

アメリカの大陪審とウクライナの大富豪

ウクライナのオリガルヒ(大富豪)イーホル・コロモイシキー氏に関する米オハイオ州クリーブランド市における大陪審審理が、米国とウクライナに政治的・金融的影響をもたらそうとしている。

2020年5月22日

2020年5月19日

2020年5月13日

2020年5月5日

2020年4月27日

保安庁、ハンジューク活動家殺人事件の捜査を終了 マンヘル州議会議長に犯行組織容疑

保安庁、ハンジューク活動家殺人事件の捜査を終了 マンヘル州議会議長に犯行組織容疑

保安庁(SBU)は、検事総局の手続き管理の下で、ヘルソン州のカテリーナ・ハンジューク活動家殺人事件の刑事捜査につき、同活動家への暴行計画組織をした容疑でのウラディスラウ・マンヘル・ヘルソン州議会議長と同議会議員の補佐官であるオレクシー・レヴィン氏への裁判前捜査を終了した。

2020年4月16日

裁判所、チョルノヴォル元最高会議議員に自宅拘禁措置を選択

裁判所、チョルノヴォル元最高会議議員に自宅拘禁措置を選択

キーウ(キエフ)市ペチェルシキー地区裁判所は16日、国家捜査局により殺人罪の容疑のかけられたテチャーナ・チョルノヴォル元最高会議議員に対して、未決囚予防措置として、電子ブレスレット装着の上での24時間の自宅拘禁を言い渡した。

裁判所、露情報機関と協力していた保安庁将校に逮捕措置

裁判所、露情報機関と協力していた保安庁将校に逮捕措置

キーウ(キエフ)市シェウチェンキウシキー地区裁判所は、国家反逆罪などの容疑で起訴されているヴァレリー・シャイタノウ容疑者(保安庁(SBU)少将)につき、未決囚予防措置として6月14日までの逮捕を言い渡した。

2020年4月14日

保安庁、ロシア情報機関と協力していた同庁少将を摘発

保安庁、ロシア情報機関と協力していた同庁少将を摘発

ウクライナ保安庁(SBU)防諜部隊は、ロシア特殊部隊による著名なチェチェン系志願兵アダム・オスマイェウ氏殺害計画実行などに関わった、同庁のヴァレリー・シャイタノウ少将を国家反逆罪とテロ実行罪の容疑で拘束した。

保安庁、ロシア情報機関と協力していた同庁少将を摘発

保安庁、ロシア情報機関と協力していた同庁少将を摘発

ウクライナ保安庁(SBU)防諜部隊は、ロシア特殊部隊による著名なチェチェン系志願兵アダム・オスマイェウ氏殺害計画実行などに関わった、同庁のヴァレリー・シャイタノウ少将を国家反逆罪とテロ実行罪の容疑で拘束した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}