犯罪

12.07.2019

10.07.2019

汚職対策機関、エネルギー大臣に容疑を伝達

汚職対策機関、エネルギー大臣に容疑を伝達

9日、国家汚職対策局(NABU)捜査官は、イーホル・ナサーリク・エネルギー・石炭産業相に対し、約130万米ドルを申告しなかったことによる、不正な資産申告の容疑を伝達した。

オデーサ裁判所、市長の汚職容疑を認めず 検察は控訴へ

オデーサ裁判所、市長の汚職容疑を認めず 検察は控訴へ

9日、オデーサ市マリノウシキー地区裁判所は、ヘンナジー・トルハノウ・オデーサ市長とその他同市幹部・企業家が「クラヤン」工場購入時に公的資金を違法に横領したとの容疑につき、証拠不十分として無罪とする判決を下した。

09.07.2019

被占領地から強制連行のツェマフ氏、マレーシア航空機撃墜事件の重要参考人となる可能性あり=ベリングキャット

被占領地から強制連行のツェマフ氏、マレーシア航空機撃墜事件の重要参考人となる可能性あり=ベリングキャット

6月末にウクライナの特殊機関により被占領地から強制連行されたヴォロディーミル・ツェマフ氏が、マレーシア航空機MH17撃墜事件の決定的に重要な情報を有している可能性があり、オランダで行われる裁判にて最初の参考人となる可能性が指摘されている。

05.07.2019

20.06.2019

調査グループ「ベリングキャット」、マレーシア航空機MH17撃墜の関与者を独自発表

調査グループ「ベリングキャット」、マレーシア航空機MH17撃墜の関与者を独自発表

19日、ジャーナリストや専門家からなり、公開情報をもとにロシアの対ウクライナ戦争やシリア内戦介入といった、重要な問題の調査を行うグループ「べリングキャット」が、2014年、ウクライナ東部ドネツィク州でのマレーシア航空機撃墜に関与した人物につき、独自の調査結果を発表した。

19.06.2019

14.06.2019

13.06.2019

06.06.2019

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-