犯罪

2022年11月17日

MH17撃墜事件裁判、被告人3名に有罪、1名に無罪の判決

MH17撃墜事件裁判、被告人3名に有罪、1名に無罪の判決

オランダのスキポール裁判コンプレクスにて開かれた2014年7月のウクライナ東部にて撃墜され、乗員・乗客計298名が殺害されたマレーシア航空MH17便撃墜事件裁判にて、4名の被告の内、イーゴリ・ギルキン氏(ロシア国籍、ロシア連邦軍元将校)、セルゲイ・ドゥビンスキー氏(ロシア国籍、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)大佐)、レオニード・ハルチェンコ氏(ウクライナ国籍)に対して有罪判決が言い渡された。

2022年11月9日

汚職犯罪容疑の前ウクライナ中銀総裁、国際指名手配に

汚職犯罪容疑の前ウクライナ中銀総裁、国際指名手配に

ウクライナの政権交換の汚職犯罪の捜査を管理する特別汚職対策検察(SAP)は、同国前中銀総裁であり、ウクルハズ銀行の資産横領の容疑がかけられているキリロ・シェウチェンコ容疑者を国際指名手配としていると発表した。

2022年11月1日

2022年10月25日

2022年10月24日

2022年10月23日

2022年10月21日

大型汚職容疑で起訴のウクライナ元国会議員に裁判所が勾留判決

大型汚職容疑で起訴のウクライナ元国会議員に裁判所が勾留判決

ウクライナの大型の汚職犯罪に特化して裁判を行う高騰反汚職裁判所は20日、ドニプロ市長に対して2200万ユーロ(約32億円)の賄賂を渡そうとした元最高会議(国会)議員のマクシム・ミキタシ被告人に対して、未決囚予防措置として、2億6000万フリヴニャ(約10億6000万円)の保釈金支払いの可能性を含む勾留措置を下した。

2022年10月19日

国際人権団体、ハルキウ州の人権侵害報告書公開 「ロシア軍の拷問は政策・計画の一部」

国際人権団体、ハルキウ州の人権侵害報告書公開 「ロシア軍の拷問は政策・計画の一部」

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は19日、ハルキウ州イジューム市のロシア占領政権による約半年間の占領期間の拷問や強姦などの人権侵害状況に関する調査報告を発表し、ロシア軍人の被拘束者に対する拷問は同国の政策・計画の一部であったと報告した。

2022年9月20日

2022年9月15日

2022年9月14日

2022年9月12日

2022年8月15日

2022年7月18日

ゼレンシキー宇大統領、マレーシア航空MH17機撃墜事件につき「ロシアはウクライナの大地に悲しみと死をばら撒き続けている」

ゼレンシキー宇大統領、マレーシア航空MH17機撃墜事件につき「ロシアはウクライナの大地に悲しみと死をばら撒き続けている」

ウクライナのゼレンシキー大統領は17日、8年前のウクライナ東部におけるマレーシア航空機撃墜事件に関連して、犯罪者一人一人が責任を追及されると述べつつ、ロシアは今もウクライナの大地に悲しみと死をばら撒き続けていると強調した。

2022年7月11日

2022年7月3日

2022年6月23日

2022年6月11日

2022年5月31日

2022年5月28日

ロシア占領政権、南部ヘルソン州で夫婦を拉致

ロシア占領政権、南部ヘルソン州で夫婦を拉致

クリミア・タタール民族代議機関「メジュリス」のチュバロフ代表は27日、ロシアが占領するウクライナ南部ヘルソン州ノヴォオレクシーウカ町にて、ロシア軍がマメド・ムサイェフ氏・テチャーナ・バジロヴァ氏夫婦を拉致し、隣接する自治体にある拷問部屋へ連行されたと伝えた。

2022年5月23日

2022年5月20日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}