政治

2024年2月17日

フォンデアライエン欧州委員長、ウクライナのEU加盟につき「欧州にグレーゾーンはあってはならない」

フォンデアライエン欧州委員長、ウクライナのEU加盟につき「欧州にグレーゾーンはあってはならない」

欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員会委員長は17日、ロシアの侵略はウクライナに対してだけのものではなく、西側の民主主義と価値対する攻撃でもあるのだとし、欧州の1つ1つの国がプーチンを支持するのか、民主主義の側に立つのかにつき選択をせねばならないと発言した。

2024年2月16日

ラヴロフ露外相、占領下モルドバ領の「ロシア系住民」の未来に「懸念」表明 ウクライナ大使がコメント

ラヴロフ露外相、占領下モルドバ領の「ロシア系住民」の未来に「懸念」表明 ウクライナ大使がコメント

ロシアのラヴロフ外相がモルドバの被占領下トランスニストリア地域で暮らす、ロシアが「ロシア系」だと主張する住民の運命を「懸念する」と発言したことにつき、シェウチェンコ駐モルドバ・ウクライナ大使は、それはモルドバ情勢を不安定化させる試みだと発言した。

2024年2月15日

2024年2月14日

2024年2月13日

2024年2月10日

2024年2月8日

2024年2月7日

EUは「必要な限り」ではなく「ウクライナの勝利に必要な全て物」で支援すべき=ボレルEU上級代表

EUは「必要な限り」ではなく「ウクライナの勝利に必要な全て物」で支援すべき=ボレルEU上級代表

キーウを訪問している欧州連合(EU)のボレル外務・安全保障政策上級代表は7日、EUはウクライナ支援のパラダイムを変えて、「必要な限り」支援するのではなく、ウクライナがロシアとの戦争に勝利するのに必要な全ての物を供与しなければならないとの見方を示した。

2024年2月6日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}