インタビュー

6日前

倉井高志駐ウクライナ日本国特命全権大使

日本政府のクリミアの立場は原則的で確固たるもの

1週間前

ヴォロディーミル・ゼレンシキー・ウクライナ大統領

EUに向かう中、私たちは「ゴールの旗」を目にしなければならない。(ポリティコ・ヨーロッパへのインタビュー)

1ヶ月前

ルーク・ハーディング英ガーディアン紙特派員

プーチンを何でも知っている「悪の天才」とみなすべきではない。彼は、古典的なKGB的機会主義者である

1ヶ月前

シュテファン・フォス・ドイツ通信社(dpa)ファクトチェック担当

増え続けるディープフェイクの摘発がこれからの記者の課題となる

1ヶ月前

ヴォリハ・カヴァリコヴァ ベラルーシ野党ツィハノウスカヤ氏の法定代理人

ツィハノウスカヤは出国を予定していたのではない。政権が彼女を追い出したのだ

2ヶ月前

オレクサンドル・ハルチェンコ・ウクルインフォルム通信総裁

コロナ禍における通信社の役割は、パニックと偽情報を止めること

2ヶ月前

デニス・カザンシキー三者コンタクト・グループ・ドネツィク州代表

ロシアの操り人形たちは、国内避難民が協議に参加していることでしばしばヒステリーを起こす

3ヶ月前

フレドリクス夫婦 MH17便撃墜で息子を亡くした二人

私たちの未来はない。それはMH17とともに打ち砕かれてしまった

3ヶ月前

ヴァディム・スキビツィキー・ウクライナ国防省情報総局代表

ロシアは、被占領下ドンバスの管理に4つの垂直型指揮系統を用いている

4ヶ月前

ドミトロー・クレーバ外相

ドンバス戦争終結に向け、外交攻勢をしかけている。

4ヶ月前

オレクシー・レズニコウ副首相兼一時的被占領地再統合問題担当相

私たちはロシアのあらゆる行動に対する準備ができている。

4ヶ月前

セルヒー・コルスンシキー新駐日ウクライナ大使

ウクライナは日本企業がEU向け生産拠点を中国から移動させる上での最適の場所

5ヶ月前

ヤロスラウ・フリツァーク 歴史家

パンデミックは、終末の予行演習であり、人類への警鐘。

6ヶ月前

ピット・プルーグMH17航空惨事基金代表

多くの偽情報が見られるが、遺族やオランダ国民の大半が共同捜査チームの捜査を強く信頼している。

7ヶ月前

イリーナ・ベケシキナ社会学者(民主イニシアティブ基金総裁)

ウクライナは、まだ家父長的で、成熟しており、他者に寛容で、でも悲観的な国

8ヶ月前

平野高志 『ウクライナ・ファンブック』著者

日本の情報空間は複雑だが、ロシア政権がフェイクを作り出しているという理解は既にある

8ヶ月前

オレフ・ハラジューク 武装集団に二度拘束されたドネツィク州の教師

私は頭にずだ袋を被せられたまま、3日間椅子に座ったままにさせられた。

8ヶ月前

ヴォロディーミル・ゼレンシキー・ウクライナ大統領(The Times of Israel紙インタビュー訳)

私にはユダヤの血が流れている。そして私は大統領だ。そして、誰もそのことを気にしていない。

10ヶ月前

テチャーナ・モナホヴァ国家語保護全権

物事が罰金の段階まで至らないように、国家語学習の前提条件を全て生み出さなければならない。

10ヶ月前

イェウヘン・フェドチェンコ報道真偽検証団体「ストップ・フェイク」共同創設者

私たちは、世界の「気付き」のレベルを高めた。

11ヶ月前

カール・シュレーゲル独歴史家

ウクライナでは、信じられないほどオープンにあらゆる問題が解決されている。それは、ロシアで起きていることとの決定的な違いである。

11ヶ月前

エリオット・ヒギンス国際調査報道グループ「べリングキャット」創設者

シリア情勢分析で使っていた手法が、マレーシア航空機MH17撃墜事件でも使えるかもしれないと思った。

1年前

ヴァディム・プリスタイコ外務大臣

ロシアを妥協に追いやるチャンスはまだあり、そのチャンスは利用せねばならない。

1年前

ロマン・スシチェンコ・ウクルインフォルム記者(元政治囚)

はっきり言って、私は、耐え切れるとは思っていなかった。

1年前

スヴャトスラウ・ユラシュ最高会議人民奉仕者党議員

私たちは、今、選挙革命の中心にある。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-