インタビュー

1ヶ月前

イリーナ・ベケシキナ社会学者(民主イニシアティブ基金総裁)

ウクライナは、まだ家父長的で、成熟しており、他者に寛容で、でも悲観的な国

1ヶ月前

平野高志 『ウクライナ・ファンブック』著者

日本の情報空間は複雑だが、ロシア政権がフェイクを作り出しているという理解は既にある

1ヶ月前

オレフ・ハラジューク 武装集団に二度拘束されたドネツィク州の教師

私は頭にずだ袋を被せられたまま、3日間椅子に座ったままにさせられた。

2ヶ月前

ヴォロディーミル・ゼレンシキー・ウクライナ大統領(The Times of Israel紙インタビュー訳)

私にはユダヤの血が流れている。そして私は大統領だ。そして、誰もそのことを気にしていない。

3ヶ月前

テチャーナ・モナホヴァ国家語保護全権

物事が罰金の段階まで至らないように、国家語学習の前提条件を全て生み出さなければならない。

3ヶ月前

イェウヘン・フェドチェンコ報道真偽検証団体「ストップ・フェイク」共同創設者

私たちは、世界の「気付き」のレベルを高めた。

4ヶ月前

カール・シュレーゲル独歴史家

ウクライナでは、信じられないほどオープンにあらゆる問題が解決されている。それは、ロシアで起きていることとの決定的な違いである。

4ヶ月前

エリオット・ヒギンス国際調査報道グループ「べリングキャット」創設者

シリア情勢分析で使っていた手法が、マレーシア航空機MH17撃墜事件でも使えるかもしれないと思った。

5ヶ月前

ヴァディム・プリスタイコ外務大臣

ロシアを妥協に追いやるチャンスはまだあり、そのチャンスは利用せねばならない。

6ヶ月前

ロマン・スシチェンコ・ウクルインフォルム記者(元政治囚)

はっきり言って、私は、耐え切れるとは思っていなかった。

6ヶ月前

スヴャトスラウ・ユラシュ最高会議人民奉仕者党議員

私たちは、今、選挙革命の中心にある。

8ヶ月前

宮尾篤NHKインターナショナル総括

選挙報道における公平性は、各候補者を極力平等に扱うということ。報道の時間の問題

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-