新着ニュース

2021年10月14日

2021年10月13日

ウクライナ外務省、露によるポクロンシカ元露占領政権検察の駐カーボベルデ露大使任命につき「隠れることは不可能」

ウクライナ外務省、露によるポクロンシカ元露占領政権検察の駐カーボベルデ露大使任命につき「隠れることは不可能」

ロシア連邦がナタリヤ・ポクロンシカ(露語:ナタリヤ・ポクロンスカヤ)元露占領政権検事総長を駐カーボベルデ露大使に任命したことにつき、ウクライナ外務省は、カーボベルデ政府に対して、ポクロンシカの犯罪について提起していると伝えた。

ウクライナ代表、ケルチ海峡沖艦船拿捕事件の仲裁裁判を説明

ウクライナ代表、ケルチ海峡沖艦船拿捕事件の仲裁裁判を説明

オランダ・ハーグの仲裁裁判所にて始まっている2018年11月のケルチ海峡沖におけるロシア連邦によるウクライナ海軍艦船拿捕事件に関するウクライナ対ロシアの国際裁判にて、ウクライナ側は仲裁際場所の管轄権承認の決定が半年以内に出ることを期待しており、またロシアに対して軍艦拿捕に対する賠償金を求めていく。

2021年10月12日

独仏首脳、露大統領とも電話会談

独仏首脳、露大統領とも電話会談

メルケル独首相とマクロン仏大統領は、ロシア連邦のプーチン大統領とビデオ電話会談を実施した。独仏首脳は、露大統領に対して、ノルマンディ・フォーマット(独仏宇露4国)協議を前に進めるよう要請した。

2021年10月11日

【記者襲撃】ウクレシム銀行総裁に夜間自宅軟禁措置

【記者襲撃】ウクレシム銀行総裁に夜間自宅軟禁措置

イェウヘン・メツヘル国営ウクレシムバンク総裁へのインタビュー時に記者が同行職員から襲撃を受け、機材を取り上げられ、データを削除された事件につき、キーウ(キエフ)市ホロシーウシキー地区裁判所は、メツヘル総裁の未決囚予防措置として、夜間の自宅軟禁措置を選択した。

【ケルチ海峡沖艦船拿捕事件】ロシア、国際裁判所はウクライナの提訴を審理できないと主張

【ケルチ海峡沖艦船拿捕事件】ロシア、国際裁判所はウクライナの提訴を審理できないと主張

国際海洋法条約(UNCLOS)に基づくオランダ・ハーグの仲裁裁判所にて11日、2018年11月のケルチ海峡沖におけるロシア連邦によるウクライナ海軍艦船拿捕事件に関するウクライナ対ロシアの国際裁判の公聴会が始まった。同日、ロシア側は、同裁判所はウクライナの提訴を審理する管轄権がないと主張した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-