新着ニュース

ウクライナ語でのサービス提供 数百のクレーム発生 深刻な違反なし

ウクライナ語でのサービス提供 数百のクレーム発生 深刻な違反なし

1月16日、「国家語としてのウクライナ語機能保障法」(通称「言語法」)にもとづき、サービス産業に従事する従業員に対して、顧客へのサービス提供をウクライナ語で対応することを義務づける規定が発効した。国家語保護全権のもとにはすでに数百のクレームが届いている。

2021年1月18日

保安庁、モトール・シーチ捜査でDCH社総裁に出頭要請

保安庁、モトール・シーチ捜査でDCH社総裁に出頭要請

DCHグループの総裁であるウクライナのビジネスマン、オレクサンドル・ヤロスラウシキー氏は、ウクライナ保安庁(SBU)から、モトール・シーチ捜査に関連して1月19日〜22日のいずれにかに出頭するよう要請された。

2021年1月17日

2021年1月16日

2021年1月15日

2021年1月14日

2021年1月13日

2021年1月12日

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-