新着ニュース

「露軍のウクライナ国境付近の活動は演習には似ていない」=米国代表

「露軍のウクライナ国境付近の活動は演習には似ていない」=米国代表

コートニー・オストリアン欧州安全保障協力機構(OSCE)米国臨時代表は、ウクライナ国境付近のロシア軍の活動は、定期的軍事演習に似ていないとし、2008年と2014年、ロシアはジョージアとウクライナに対して軍事作戦を開始した時にも同様に軍を集結していたと指摘した。

バルト3国外相、15日にウクライナ訪問

バルト3国外相、15日にウクライナ訪問

15日、エストニアのエヴァ=マリア・リーメッツ外相、ラトビアのエドガルス・リンケーヴィチ外相、リトアニアのガブリエリウス・ランズベルギス外相がドミトロー・クレーバ外相の招待を受けて共同でウクライナを実務訪問する。

ハルキウ市でピサンカ展開催

ハルキウ市でピサンカ展開催

13日、ハルキウ市にて、ピサンカ(イースターエッグ)製作指導者たちによる作品展示会「復活祭の奇跡」が始まった。

2021年4月13日

明星大学デザイン学部学生、ウクライナ応援のユニフォーム作成

明星大学デザイン学部学生、ウクライナ応援のユニフォーム作成

明星大学デザイン学部(東京都日野市)は、大学と日野市の地域連携の一環で、デザイン学科の学生有志7名が、ウクライナを応援するユニフォームやタオルなどをデザインした。なお、日野市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおけるウクライナのホストタウンに登録されている。

2021年4月12日

2021年4月11日

2021年4月10日

2021年4月9日

大統領選挙投票先、ゼレンシキー大統領がトップ 次点はポロシェンコ前大統領

大統領選挙投票先、ゼレンシキー大統領がトップ 次点はポロシェンコ前大統領

最新の世論調査によれば、もし現在大統領選挙が行われた場合、最も得票するのは現職のヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領(24.9%)であることがわかった。2位は、前大統領のペトロ・ポロシェンコ欧州連帯党党首で13.1%、3位は元首相のユリヤ・ティモシェンコ祖国等党首で12.1%。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-