新着ニュース

ウクライナはEUにとって「グリーンエネルギー」の宝庫となり得る=米国務次官補

ウクライナはEUにとって「グリーンエネルギー」の宝庫となり得る=米国務次官補

米国のパイアット国務次官補(エネルギー資源担当)は12日、戦時下でのウクライナのエネルギー分野の再建を西側は際限のない支援の必要性として見るのではなく、欧州がロシアのエネルギー供給を最終的に断念することを可能とするビジネスの機会として見るべきだと発言した。

2024年6月12日

ロシア軍、ウクライナ各地をミサイル・自爆型無人機で攻撃 30点中29点撃墜

ロシア軍、ウクライナ各地をミサイル・自爆型無人機で攻撃 30点中29点撃墜

ウクライナへの全面侵略戦争を続けるロシア軍は、12日未明に同国へミサイルと自爆型無人機で再び攻撃を仕掛けた。ウクライナ防空戦力は、空中発射型弾道ミサイル「Kh47M2キンジャル」1弾、巡航ミサイル「Kh101/Kh555」4弾、自爆型無人機「シャヘド131/136」24機を撃墜した。

2024年6月11日

EUはウクライナの電力システムの再生と分散化を支援する=フォンデアライエン欧州委員長

EUはウクライナの電力システムの再生と分散化を支援する=フォンデアライエン欧州委員長

欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員会委員長は11日、ロシアがウクライナの電力システムを意図的に破壊し続けていることから、EUはウクライナに対して物的支援を供与し、破壊された電力ネットワークの再生を支援し、またウクライナのエネルギー分野の分散化を促進していくと発言した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-