防衛

2022年1月8日

ロシアとの対話がうまくいかなかった場合の準備必要=NATO事務総長

ロシアとの対話がうまくいかなかった場合の準備必要=NATO事務総長

ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長は、同機構はウクライナ周辺のロシア軍集結による緊張を緩和するために、何よりも外交的手段の模索を重視しているが、同時に、更なる紛争が生じる可能性は現実的であり、外交がうまくいかなかった場合に備える必要があると考えている。

NATO事務総長、ウクライナ・ジョージアの将来のNATO加盟に関する決定が現在も有効であることを確認

NATO事務総長、ウクライナ・ジョージアの将来のNATO加盟に関する決定が現在も有効であることを確認

ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長は7日、2008年のNATOブカレスト首脳会談時の将来のウクライナとジョージアの加盟を認める決定が現在も有効であること、またNATOのオープンドア政策は、スウェーデンやフィンランドなど他の国にも該当するものであると発言した。

2022年1月6日

2022年1月5日

2022年1月4日

2022年1月2日

2021年12月31日

2021年12月30日

2021年12月29日

2021年12月28日

2021年12月27日

2021年12月26日

2021年12月25日

露軍集結は決定的なものではなく、侵攻の深刻なリスクはない=ウクライナ安保会議書記

露軍集結は決定的なものではなく、侵攻の深刻なリスクはない=ウクライナ安保会議書記

ウクライナのオレクシー・ダニーロウ国家安全保障国防会議(NSDC)書記は、ロシア軍部隊の集結は10月時点の9万3000人から現在までに10万4000人まで増加しているが、それは決定的な集結ではなく、ロシア軍侵攻の深刻なリスクはないとの見方を示した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}