防衛

2024年4月26日

2024年4月25日

2024年4月24日

米国防総省、10億ドルの対ウクライナ安保支援の内容を発表

米国防総省、10億ドルの対ウクライナ安保支援の内容を発表

米国防総省は24日、同日発表されたウクライナへの安全保障支援パッケージには、対空ミサイル「RIM7」、携帯地対空ミサイル「スティンガー」、高機動ロケットシステム「ハイマース」用弾薬、155ミリ・105ミリ口径砲弾、歩兵戦闘車「ブラッドレー」などが含まれると発表した。

2024年4月23日

2024年4月22日

ウクライナ空軍報道官、防空面のニーズを説明

ウクライナ空軍報道官、防空面のニーズを説明

ウクライナのイェウラシュ空軍報道官は22日、ウクライナの空をロシア軍から守るためには、様々な防空システムとそのミサイル、および空中発射型ミサイルなどが必要だと説明した。

2024年4月19日

2024年4月18日

独軍需企業、ウクライナへの数週間以内の防空システム「アイリスティー」供与を発表

独軍需企業、ウクライナへの数週間以内の防空システム「アイリスティー」供与を発表

18日にキーウを訪問しているハーベック独副首相兼経済・気候保護相と同行している、経済界代表団の内、ドイツの軍需企業「ディール・ディフェンス」のヘルムート・ラウフ代表は、数週間以内に同社の防空システム「アイリスティーSLM」が追加でウクライナに届けられると発言した。

2024年4月17日

2024年4月16日

ゼレンシキー宇大統領、新しい動員法に署名

ゼレンシキー宇大統領、新しい動員法に署名

ウクライナのゼレンシキー大統領は16日、ウクライナ最高会議(国会)が11日に第二読会で採択(本採択)していた「軍役、動員、軍籍の個別問題に関する複数のウクライナ法の改正法」、通称「動員法」に署名した。

プーチンはかつてNATO拡大を一度も提起しなかった=ロバートソン元NATO事務総長

プーチンはかつてNATO拡大を一度も提起しなかった=ロバートソン元NATO事務総長

ジョージ・ロバートソン元北大西洋条約機構(NATO)事務総長(1999〜2003年)は、自身の事務総長在任中、プーチン露大統領と9回会談したが、その際プーチン氏はNATOのいわゆる「東方拡大」を議題にしたことも、その件で懸念を表明したことも一度もなかったと発言した。

ウクライナが負ければ、露中北朝鮮イランが新しい国際秩序を作るだろう=ロバートソン元NATO事務総長

ウクライナが負ければ、露中北朝鮮イランが新しい国際秩序を作るだろう=ロバートソン元NATO事務総長

ジョージ・ロバートソン元北大西洋条約機構(NATO)事務総長(1999〜2003年)は、ウクライナはロシアが始めた戦争に勝つことができるとしつつ、もしウクライナが負けたら、ロシア、中国、北朝鮮、イランが新しい国際秩序を作るだろうと予想した。

2024年4月15日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}