新着ニュース

ブルガリアのクリミアに対する立場に変化はない=クレーバ宇外相、同国大統領再選受け

ブルガリアのクリミアに対する立場に変化はない=クレーバ宇外相、同国大統領再選受け

ブルガリアでは21日の大統領選挙にて、ルメン・ラデフ氏が大統領に再選した。同氏は、11月18日に、クリミアを「ロシア領」だと思うと発言している。ウクライナのクレーバ外相は、外務省はブルガリアの複数公的人物からクリミアの帰属に関する同国の立場に変更はないとの確証を得ていると発言した。

2021年11月21日

ウクライナ革命開始記念日、各国大使館がお祝いメッセージ

ウクライナ革命開始記念日、各国大使館がお祝いメッセージ

ウクライナでは、11月21日は2004年のオレンジ革命と2013〜14年の尊厳革命(ユーロマイダン)の開始を記念し、「尊厳と自由の日」と定められている。同日、米国、英国、カナダ、EUの大使館がツイッターにてお祝いのメッセージを発表した。

ウクライナは今日「尊厳と自由の日」 ゼレンシキー大統領がメッセージ発出

ウクライナは今日「尊厳と自由の日」 ゼレンシキー大統領がメッセージ発出

ウクライナでは、11月21日は「尊厳と自由の日」と定められている。この日は、現代ウクライナの歴史における運命を定める大きな出来事、2004年の「オレンジ革命」と2013年の「尊厳の革命」という二つの革命の始まりを記念して、2014年11月13日付大統領令により制定されたものである。

2021年11月20日

ウクライナは必ずNATOに加盟する=宇国防相

ウクライナは必ずNATOに加盟する=宇国防相

ウクライナのレズニコウ国防相は、同国は現時点で北大西洋条約機構(NATO)内にウクライナの加盟に関する政治的コンセンサスがなくても、ウクライナは加盟を保障し得る改革実施を続けるべきだと発言した。

2021年11月19日

NATO事務総長、ウクライナ周辺のロシア軍集結にコメント

NATO事務総長、ウクライナ周辺のロシア軍集結にコメント

ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長は、同機構はロシア軍がウクライナ国境付近や占領下クリミアに部隊を著しく集結させていることを見ていることを明確に伝えており、ロシアに対して情勢激化を止め、緊張を下げるよう要請していると発言した。

ウクライナのNATO加盟には西ドイツ加盟モデルが例となり得る=オーストリア専門家

ウクライナのNATO加盟には西ドイツ加盟モデルが例となり得る=オーストリア専門家

オーストリアの経済専門家であり、「オーストリア欧州的ウクライナ支持委員会」創設者のグンテー・フェリンガー氏は、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟の事例となり得るのは、1955年にNATOへ加盟し、その後経済発展を遂げた上で、ソ連に占領された領土を取り戻した西ドイツのモデルが例となるかもしれないと考えている。

レズニコウ宇国防相、オースティン米国防長官と会談

レズニコウ宇国防相、オースティン米国防長官と会談

18日、レズニコウ・ウクライナ国防相は米国訪問時にオースティン米国防長官と会談した。レズニコウ氏は、ロシアによる安全保障状況の激化はいつでも起こり得るとし、それを防ぐには、文明社会による断固とした団結した対応が必要だと指摘した。

2021年11月18日

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-