新着ニュース

防疫措置に反対する企業家、抗議集会開催

防疫措置に反対する企業家、抗議集会開催

29日、キーウ(キエフ)中心部の閣僚会議(内閣)建物前にて、新型コロナウイルス対策の防疫措置の緩和を求める小規模企業の経営者たちが抗議集会を開催している。

2020年4月28日

ゼレンシキー大統領、農地市場法に署名

ゼレンシキー大統領、農地市場法に署名

ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は28日、最高会議が3月30日に採択した「農地市場法案」(正式名「農地流通に関する複数国内法改正法案」)に署名した。

国境警備隊員がクリミアとの境界線で露治安機関に拘束=保安庁

国境警備隊員がクリミアとの境界線で露治安機関に拘束=保安庁

ウクライナ保安庁(SBU)軍事防諜班は、ロシア連邦保安庁(FSB)が、被占領下クリミアとの行政境界線上にて、ウクライナの国境警備隊隊員を違法に拘束したと発表。その後、同隊員は、意図的に境界線を越えたとの自白を強要させられたという。

与党幹部、「銀行法案」採択は5月10、11日の見込みと指摘

与党幹部、「銀行法案」採択は5月10、11日の見込みと指摘

ダヴィド・アラハミヤ最高会議人民奉仕者党会派長は、国際通貨基金(IMF)の支援条件となっている通称「銀行法案」こと、銀行活動規定メカニズム補完に関する改正法案の第二読会での採択は、5月10日か11日に行われる可能性があると発言した。

2020年4月27日

保安庁、ハンジューク活動家殺人事件の捜査を終了 マンヘル州議会議長に犯行組織容疑

保安庁、ハンジューク活動家殺人事件の捜査を終了 マンヘル州議会議長に犯行組織容疑

保安庁(SBU)は、検事総局の手続き管理の下で、ヘルソン州のカテリーナ・ハンジューク活動家殺人事件の刑事捜査につき、同活動家への暴行計画組織をした容疑でのウラディスラウ・マンヘル・ヘルソン州議会議長と同議会議員の補佐官であるオレクシー・レヴィン氏への裁判前捜査を終了した。

クリミアのCOVID-19事例70件

クリミアのCOVID-19事例70件

4月26日時点で、被占領下クリミアにて確認されている新型コロナウイルス感染(COVID-19)事例数は、計70件。

2020年4月26日

2020年4月25日

2020年4月24日

保安庁長官、露発オンラインサービス禁止措置の提案を説明

保安庁長官、露発オンラインサービス禁止措置の提案を説明

イヴァン・バカーノウ保安庁(SBU)長官は、現在のロシア発オンラインサービスやソフトウェアへの制裁延長の提案につき説明した。その際、長官は、現在アクセス禁止されているソーシャルメディア「VK」や「オドノクラスニキ」に加えて、更に複数のサービスの禁止も提示している。

2020年4月23日

大統領府、ドンバス一部地域への特別地位の憲法記載を改めて否定

大統領府、ドンバス一部地域への特別地位の憲法記載を改めて否定

ウクライナ、ロシア、欧州安全保障協力機構(OSCE)からなるドンバス情勢解決協議フォーマット「三者コンタクト・グループ」(TCG)にて、ウクライナ側は、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域への特別地位をウクライナ憲法に記載する可能性を改めて否定した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-