写真

6ヶ月前

首都キーウに2500のゴミ分別ボックス設置

キーウ(キエフ)市にて、2500のゴミ分別用コンテナーが設置された。ゴミ捨てコンテナーは、プラスティック、ガラス、紙用に分別されている。

6ヶ月前

キリスト教受容1031年:ウクライナ統一正教会が記念式典を開催

28日、キーウ(キエフ)市内にて、ウクライナ正教会により、キーウ・ルーシのキリスト教受容から1031年が経過したことを祝う記念行事が開催された。

6ヶ月前

キリスト教受容1031年:モスクワ聖庁が記念行進を実施

27日、キーウ(キエフ)市内にて、キーウ・ルーシによるキリスト教受容から1031年が経過したことを記念し、ウクライナ正教会モスクワ聖庁の聖職者と信者がペチェルシク大修道院への行進を行なった。

6ヶ月前

LGBT活動家、ロシア大使館前で抗議 同国での活動家殺害を受け

24日、NGO「インサイトLGBTQ」の活動家たちがキーウ(キエフ)のロシア連邦大使館前で、「嫌悪を止めよ!」と題する抗議活動を行った。活動家たちは、ロシア北部サンクトペテルブルクでLGBT人権擁護活動家のエレーナ・グリゴリエヴァさんが殺害された事件の公正な捜査を要求した。

6ヶ月前

【最高会議選挙】政治家たちの投票・各地の投票所の様子

7月21日、ウクライナでは最高会議繰り上げ選挙の投票が行われている。

7ヶ月前

マレーシア航空機MH17撃墜事件:オランダにて被害者追悼行事が開催

17日、オランダのアムステルダム・スキポール空港近くにて、5年前のマレーシア航空機MH17撃墜被害者の追悼セレモニーが開催された。

7ヶ月前

多国間海軍共同演習:仮想敵による飛行場爆撃を想定した演習実施

ウクライナ南部にて行われている多国間海軍共同演習Sea Breeze 2019の一環で、ウクライナと米国の軍人が、ミコライウ州にて仮想敵による飛行場爆撃後の滑走路修理を想定した訓練を実施した。

7ヶ月前

露最高裁付近にて約50名のクリミア・タタール人が拘束 宇外務省は抗議声明を発出

11日、モスクワのロシア連邦最高裁判所付近にて、クリミア・タタール人活動家約50名が拘束された。同裁判所では、「ヒズブット・タフリール(イスラム解放党)事案」で拘束されている人物の上告の審議が行われており、活動家たちは、違法に断罪されている人々の支持集会を開いているところであった。

7ヶ月前

ゼレンシキー大統領、チョルノービリ原子力発電所立ち入り制限区域に観光客向け「回廊」設置令に署名

ゼレンシキー大統領は、チョルノービリ(チェルノブイリ)原子力発電所立ち入り制限区域に観光客向けの「緑の回廊」に設置することを目的とする大統領令に署名した。

7ヶ月前

ミコライウ州黒海沿岸に米国建設の宇海軍作戦センターが完成

ウクライナ海軍の海上兵力の基地建設を支援しているアメリカ軍の技師は、ウクライナ南部ミコライウ州の黒海沿岸のオチャキウ(Очаків)における作戦センターの建設を終了した。

7ヶ月前

海兵隊、一週間のサバイバル訓練を終了 多国籍演習の一環

ウクライナ軍の海兵隊は、多国籍海軍共同演習Sea Breeze 2019の一環で、ヘルソン州テンドラ砂州訓練実施を兼ねた、一週間のサバイバル訓練を終了した。

7ヶ月前

ポルタヴァ州にて研究者がスキタイ人の埋葬地18か所の発掘調査を実施

欧州における初期鉄器時代の最大級の防御施設であるとされている、中部ポルタヴァ州のビリシク土塁(どるい)にて、スキタイ人の埋葬地が18か所発見され、調査が行われた。

7ヶ月前

ゼレンシキー大統領とトゥスク欧州理事会議長、ドンバス地方東端のスタニツャ・ルハンシカを視察

7日、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領とドナルド・トゥスク欧州理事会議長は、ウクライナ東部ルハンシク州の東端に位置し、兵力等引き離し地点となっているスタニツャ・ルハンシカを視察した。

7ヶ月前

オデーサ港にNATO諸国のフリゲート・駆逐艦が到着

4日、多国間海軍共同演習「Sea Breeze 2019」への参加のために、カナダのフリゲート「トロント」、イギリスの駆逐艦「D37ダンカン」、トルコのフリゲート「トゥルグトレイス」がオデーサ港に到着した。

7ヶ月前

オデーサでの多国間海軍共同演習:6か国の潜水士が共同訓練

南部オデーサの港にて、多国間海軍共同演習「Sea Breeze 2019」の一環で、6か国の潜水士計125名が共同演習を行った。潜水士たちは、器具の確認をしたり、水中作戦実施の準備をしたりして、経験の交換を行った。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-