ロシア軍、ウクライナ6州を攻撃 ヘルソン州では「住民投票」準備続く=各地情勢

ロシア軍、ウクライナ6州を攻撃 ヘルソン州では「住民投票」準備続く=各地情勢

写真
ウクルインフォルム
ウクライナへの侵略を続けるロシア軍は1日から2日朝にかけて、ウクライナ6州を攻撃した。

2日8時時点の各地軍行政府の情報をもとにした報告書に書かれている。ウクルインフォルムが伝える。

ドニプロペトロウシク州(南部):ロシア軍は、ニコポリ地区を砲撃。住民1名が負傷。チェルヴォノフリホリウカ共同体の2村に被害、民家、学校、送ガス管、電線が損傷。停電被害約2000人、水供給停止被害約5000人。

写真:レズニチェンコ・ドニプロペトロウシク州軍行政府

ハルキウ州(東部):2日未明、ロシア軍は、ハルキウ市のホロドノヒルシキー地区をミサイルで攻撃。ミサイルは、企業の敷地の地面に着弾。複数の施設が損傷。犠牲者なし。州内では、イジューム地区、ハルキウ地区、ボホドゥヒウ地区への火砲砲撃あり。ハルキウ地区では、ルシカ・ロゾヴァにて住民が1名死亡。

S-300のミサイルによるハルキウ市内スポーツ施設の被害 写真:ヴヤチェスラウ・マジイェウシキー/ウクルインフォルム

ルハンシク州(東部):バフムート方面のウクライナ軍配置地点に対して、2日未明、敵はミサイル攻撃を1回、榴弾砲砲撃を10回、迫撃砲砲撃を9回、多連装ロケットシステム砲撃を2回実施した。

ドネツィク州(東部):過去24時間でドネツィク州では住民が4名死亡、10名負傷。2日未明、ロシア軍はスロヴヤンシク(幼稚園破壊)、コスチャンティニウカ(交差点に着弾、道路損傷)、オレクサンドリウカ(農業企業の建物損傷)をミサイルで攻撃。過去24時間では、アウジーウカ、バフムート、ヴフレダル、クラスノホリウカ、クラホヴェ、ヴェリカ・ノヴォシルカ、オレクシイェヴォ=ドルジュキウカ、ジェランネ・ドルーヘ、カルリウカ、シリ駅が攻撃された。住民の義務的避難継続。

写真:国家警察

ミコライウ州(南部):過去24時間、ミコライウ市とミコライウ州各地に砲撃あり。昨晩、ゼレーニー・ハイが榴弾砲砲撃を受け、3軒の民家が炎上。2日未明、敵は、ノヴォミコライウカを砲撃、部分的に経済施設が破壊。0時頃、コスチャンティニウカを砲撃。破壊・被害者なし。作戦司令部「ピウデン(南)」の情報では、9月1日、敵は、戦闘機Su-35からベレズネフヴァテ共同体へとミサイルを発射するも、ウクライナの防空部隊がこれを撃墜したという。また、ベレズネフヴァテ、ヴィスンシク、カウカズへの砲撃あり。2日未明、シローケに対して砲撃あり、開かれた場所とすでに破壊された建物に着弾。犠牲者なし。

ヘルソン州(南部):州内は昼も夜もずっと爆発音が聞こえる。複数回空襲警報が発令された。戦闘は、カホウカ地区とベリスラウ地区にて続いている。非常に多くの自治体が消滅の際にある。ロシア人は、偽住民投票の組織を続けている。彼らは、地元の対敵協力者や、「友好国」代表者、EU市民を参加させた、いわゆる「独立監視員」を「準備」している。ヘルソン州の学校では「始業式」が行われたが、地元住民の話では、子供たちはとても少なく、親は学校の門の外におり、学校敷地内は武装したロシア兵が歩き回っていたという。

その他の州は相対的に平穏だった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-