写真

5ヶ月前

ウクライナ・トルコ・ビジネスフォーラム開催 ゼレンシキー大統領、投資を呼びかけ

ゼレンシキー大統領は3日、キーウ(キエフ)でトルコのエルドアン大統領出席の下で開催されたウクライナ・トルコ・ビジネスフォーラムの際に、トルコのビジネス界に対して、国営企業民営化をはじめ、ウクライナ経済に投資をするよう呼びかけた。

5ヶ月前

エピファニー宇正教会首座主教とポンペオ米国務長官、被占領地の教会問題を協議

エピファニー・ウクライナ正教会首座主教(キーウと全ウクライナの府主教)とマイク・ポンペオ米国務長官は31日、キーウ(キエフ)市内で会談し、ロシアにより占領されているドンバス地方一部地域とクリミアにおける問題をはじめ、ウクライナ正教会が抱える問題について協議した。

5ヶ月前

日本大使館、ウクライナにおける6つの新規草の根無償資金協力プロジェクトを発表

キーウ(キエフ)にて、倉井高志駐ウクライナ日本国大使の公邸にて、30日、草の根・人間の安全保障無償資金協力による6つのプロジェクト実施に関する署名式が行なわれた。

5ヶ月前

ドニプロ市で約100年前のクルーティの戦いの衣服など一部再現

南部ドニプロ市にて29日に開催されたクルーティの英雄追悼の日関連行事の際、学生たちがクルーティの戦いの際の衣服などを一部再現したものを披露した。

5ヶ月前

ヴィンニツャ州にてバイソンの仔が7頭誕生

ヴィンニツャ州にて、ヨーロッパバイソンの仔が7頭誕生した。

5ヶ月前

「クリミア・タタール民族運動1917~1920」出版 監修陣は露のクリミアに関する「伝説」解体に期待

20世紀初頭のロシア帝国の崩壊期に展開されたクリミア・タタール民族運動について、当時成立した共産政権の特殊機関が所有していたアーカイブを用いて執筆された研究書「クリミア・タタール民族運動1917~1920 共産政権特殊機関アーカイブをもとに」が出版された。

5ヶ月前

ザカルパッチャ州にて豚肉美食フェスティバル開催

南西部ザカルパッチャ州ベレヒウシキー地区ゲチャ村にて、第14回豚肉美食フェスティバルが開催された。

5ヶ月前

ゼレンシキー大統領夫妻、エルサレムのホロコースト犠牲者追悼記念館を訪問

ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は24日、オレーナ・ゼレンシカ夫人とともに、エルサレムのホロコースト犠牲者追悼記念館「ヤド・ヴァシェム」を訪れた。

5ヶ月前

ホンチャルーク首相、フィンランド首相とダボスで会談

オレクシー・ホンチャルーク首相は22日、スイスのダボス訪問中にフィンランドのサンナ・マリン首相と会談した。

5ヶ月前

ウクライナ統一の日:政権幹部、シェウチェンコとフルシェウシキーの像に献花

1月22日は、1919年同日にウクライナ人民共和国と西ウクライナ人民共和国の統合が宣言されたことを記念し、ウクライナ統合の日と定められている。本日、ゼレンシキー大統領ら政権幹部は、詩人タラス・シェウチェンコやウクライナ人民共和国初代国家元首のミハイロ・フルシェウシキーの像に献花した。

5ヶ月前

ホンチャルーク首相、大統領と内閣につき「私たちはチームであり、チームのままでありたい」

オレクシー・ホンチャルーク首相は17日、最高会議での演説の際に、政府はゼレンシキー大統領の政治的決定に期待しつつ、通常どおり仕事をしていくと発言した。

5ヶ月前

ウクライナ機撃墜事件:ゼレンシキー大統領、カナダ大使館を訪れ弔意表明

ゼレンシキー大統領は15日、キーウ(キエフ)市内の在ウクライナ・カナダ大使館を訪れ、8日にイランでのウクライナ航空機PS752便撃墜事件時に亡くなったカナダ国民へ弔意を表明した。

5ヶ月前

キーウ市内の新年ツリー 解体作業開始

14日、キーウ(キエフ)市内ソフィア広場の新年ツリーの解体作業が始まった。

5ヶ月前

ウクライナ大統領府、航空機撃墜事件の証拠となる写真を公開

イランにおけるウクライナ航空機撃墜事件の政治的作業は終わったが、ウクライナの専門家は、引き続き必要な司法手続き実施のために作業を行う。

5ヶ月前

ボリスピリ空港にて航空機墜落の犠牲者追悼行事開催 大統領も献花

キーウ隣接のボリスピリ国際空港では8日夜から、同日のイラン首都テヘラン近くでのウクライナ国際航空ボーイング737墜落事件に関連した追悼イベントが開かれている。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-