ロシア軍、ウクライナ6州を攻撃=各地情勢

ロシア軍、ウクライナ6州を攻撃=各地情勢

写真
ウクルインフォルム
ウクライナへの全面的侵攻を続けるロシア軍は、27日から28日朝にかけて、ウクライナ6州を攻撃した。また、ヘルソン州では大きな爆発音が確認されている。

ウクライナ側の各地軍行政府の28日8時時点の情報をもとにした報告書に書かれている。ウクルインフォルムが伝える。

ザポリッジャ州(南部):夜、ロシア軍はザポリッジャ市シェウチェンキウシキー地区の別荘地区を砲撃。2名が軽傷。別荘3軒が破壊、中には誰もいなかった。衝突ラインへの敵の砲撃が続く。オルヒウが砲撃され、民間セクターに多くの破壊あり。

写真:国家警察

ドニプロペトロウシク州(南部):ロシア軍はニコポリ地区とクリヴィー・リフ地区を砲撃。ニコポリ地区は、夜間6回砲撃を受けた。ニコポリでは、複数の家屋と車両が損傷。1500世帯以上で停電。マルハネツ共同体では、建物の1つが破壊、10軒が損傷。地元工場の倉庫と作業場が破壊された。電線も損傷。チェルヴォノフリホリウカ共同体では、民間住宅が破壊。クリヴィー・リフ地区では、ゼレノドリシク共同体、別荘地区・企業が狙われた。いずれも犠牲者なし。

ハルキウ州(東部):ロシア軍は、ハルキウ地区の児童用キャンプ施設式を砲撃。犠牲者・破壊なし。夜間、ハルキウ、ボホドゥヒウ地区、チュフイウ地区、イジューム地区への砲撃あり。ゾロチウでは、砲撃により建物破壊、住民1名死亡。

ルハンシク州(東部):ロシア軍は、6地点でウクライナ軍の防衛粉砕を頃見た。2回、空爆支援を受けた襲撃を試みたが、ウクライナ軍はいずれの進軍も制止した。敵航空機は4つの自治体の近郊を攻撃。夜間だけで、17回の火砲砲撃確認。5回多連装ロケットシステムの使用確認。4回、戦車を用いた進軍が行われた。

ドネツィク州(東部):夜間、スロヴヤンシク、クラマトルシク、アウジーウカへの砲撃あり。過去24時間で、民間人1名死亡、2名負傷、アウジーウカ、ロズドリネへのロケット、ミサイルでの砲撃あり。

スロヴヤンシクとクラマトルシクの被害 写真:キリレンコ・ドネツィク州軍行政府長官(テレグラム)

ドネツィク州被害 写真:国家警察

ミコライウ州(南部):昨日と今日、シローケ村砲撃あり、住宅2件と農業施設が破壊された。犠牲者なし。ベレズネフヴァテ共同体の隣接領域・自治体への砲撃あり。

ヘルソン州(南部):夕方と夜間、強力な爆発が響いた。州は、数時間にわたり、電気と水の供給が停止。ウクライナは軍は、ロシア軍のインジェネルネとチョルノバイウカの弾薬庫を破壊し、アントニウシキー橋とダルイウカ橋を攻撃。最も困難な状況は引き続き、カホウカ地区とベリスラウ地区。恒常的戦闘行為で、多くの村が消滅の瀬戸際にあり、中には、水や電気が約半年ないところもある。最近、州内では、電話世論調査が活発化しており、人々は電話により、生活や、ロシアに関する意見、プーチンに対する意見が聞かれている。ロシア軍による住民への捜索、身分証明書確認、電話も継続している。

その他、国家警察は28日、スーミ州(北部)は、過去24時間ロシア領から122回の越境砲撃を受けたと報告している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-