10日のドネツィク州の露軍攻撃による民間人死者11人=各地情勢

10日のドネツィク州の露軍攻撃による民間人死者11人=各地情勢

写真
ウクルインフォルム
ウクライナへの侵略を続けるロシア軍は、10日〜11日朝までの期間に、ウクライナの7周を攻撃。ドネツィク州では民間人11名が死亡した。

11日8時時点の各地軍行政府の情報をもとにした報告書に書かれている。概要以下のとおり。

ドネツィク州(東部):11日未明、ロシア軍は、地対空ミサイルシステムS-300を使い砲撃実施。少なくとも民間家屋3軒が損傷。10日、敵は、ドネツィク州のアウジーウカ、クラスノホリウカ、クラホヴェ、バフムート、マルインカ、カムヤンカ、カルリウカ、オレクサンドロピリ、ラストチュキネを砲撃。集合住宅2軒、民間家屋12軒、アウジーウカ・コークス工場建物、電線、自動車が損傷。過去24時間で民間人が11名死亡、8名が負傷。

バフムートの露軍砲撃被害の様子 写真:検事総局

スーミ州(北部):11日未明、ロシア軍は、ホチン共同体、ユナキウカ共同体、セレディノ=ブド共同体への砲撃あり。10日、ロシア軍は、約200弾の越境砲撃をビロピッリャ共同体、クラスノピッリャ共同体、ノヴォスロビダ共同体、スーミ共同体、ホチン共同体に対して行った。敵は、銃も使用。砲撃により複数自治体でガス供給が停止。

写真:ジヴィツィキー・スーミ州軍行政府長官(テレグラム)

ドニプロペトロウシク州(南部):ロシア軍は、ニコポリ地区、クリヴィー・リフ地区、シネリニコヴェ地区、ドニプロ地区を砲撃。ニコポリ地区では、ニコポリとチェルヴォノフリホリウカ共同体が砲撃を受けた。ニコポリでは、住民3名が死亡、9名が負傷(内1名は13名の児童)。市内では、40軒以上の集合住宅、学校3校、店、ガレージ、自動車が損傷。電線が断線し、6000人以上が停電被害を受けた。ニコポリでは、救助隊が倒壊した集合住宅の瓦礫の撤去を行っている。チェルヴォノフリホリウカ共同体では、14軒家屋、診療所、スタジアム、店が損傷。電線も断線。1000人以上が停電被害を受けた。犠牲者なし。シネリニコヴェ地区では、ロシア軍はヴェリコミハイリウカ共同体を砲撃。数軒の建物と製粉所が損傷。高齢の夫婦が負傷。女性は病院へ搬送された。クリヴィー・リフ地区では、ロシア人は多連装ロケットシステム「ウラガン」でゼレノドリシク共同体を攻撃。火災2件発生。犠牲者なし。ドニプロ地区では、ミサイルの着弾が確認。

ニコポリの11日未明の砲撃の被害 写真:レズニチェンコ・ドニプロペトロウシク州軍行政府長官(テレグラム)

ハルキウ州(東部):11日朝4時30分頃、ハルキウ市キーウ地区への砲撃あり。1階建てオフィス、住宅のバルコニーと窓が損傷。火災、犠牲者なし。ハルキウ州内では、ロシア軍は、ハルキウ地区(ツィルクニにて火災12件発生)、チュフイウ地区。イジューム地区を攻撃した。過去24時間で1名が負傷。

ツィルクニの火災 写真:国家非常事態庁(テレグラム)

チュフイウ地区スタリー・サルチウ町への砲撃被害 写真:国家警察ハルキウ州総局(テレグラム)

ルハンシク州(東部):10日、ロシア軍は、州境上の8つの自治体近くで航空機を使用。侵略者は、8方面で同時に襲撃するも、ウクライナ軍が撃退した。3地点では現在も戦闘が継続。

ミコライウ州(南部):昨晩と今朝、ロシア軍は、ペルヴォマイシケ共同体コスチャンティニウカを砲撃。犠牲者なし。バシュタンカ地区では、昨日夕方から、シローケ共同体の自治体への砲撃が継続している。ベレズネフヴァテ共同体の自治体への共同体が継続。過去24時間、レペティハとカウカズへの砲撃があった。ベレズネフヴァテへは、弾薬・破片の着弾により、乾燥した草が炎上した。

ヘルソン州(南部):ウクライナ軍が侵略者への攻撃を行っている。特に、ウクライナ軍は、カホウカ水力発電所のある地区の橋を攻撃した。本日未明、ロシア側の複数の倉庫と拠点を破壊した。

ヘルソン州オソコリウカ、トルドリュビウカ、イヴァニウカ、ノヴァ・シェスチルニャ、ノヴォヴォロンツォウカの被害報告 写真:国家警察ヘルソン州総局(フェイスブック)

その他の州は相対的に平穏だった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-