写真

3週間前

ウクライナ側、スタニツャ・ルハンシカ橋の修理準備を継続

ルハンシク州スタニツャ・ルハンシカの兵力等引き離し地点にて、ウクライナ側は、コンタクト・ライン越境のために用いられている歩行者専用の橋の修理に向けた準備を続けている。

1ヶ月前

キーウ地下鉄・橋爆破予告事件、警察が犯人の男性を拘束

18日、キーウ(キエフ)市内の地下鉄の通行する橋にて、男性が橋の爆破を予告、警察の無人機に対して発砲する等していたが、同日夕刻、同男性は警察により拘束された。

1ヶ月前

ドニプロ市で「アイ・ラブ・ドニプロ」カーニバルが開催

南部ドニプロ市では、「町の日」に合わせて、「アイ・ラブ・ドニプロ」カーニバルが開催された。

1ヶ月前

人質交換はウクライナの主権を代償としてはならない=エストニア大統領

エストニアのケルスティ・カリユライド大統領は、ウクライナは東部戦争終結のための決定を模索すべきだが、同時に、ロシアからの被拘束者解放の代償で国家の独立を失うようなことがあってはならないと指摘した。

1ヶ月前

解放された海軍軍人、オデーサの基地へ帰還

14日、ロシア連邦から解放された24名のウクライナ海軍軍人は、海軍基地のあるオデーサへ帰還した。

1ヶ月前

露から解放された海軍軍人が記者会見 拘束時に反撃しなかった理由など説明

昨年11月にケルチ海峡沖でロシアに拘束され捕虜となり、7日に解放されたウクライナ海軍軍人が記者会見を行った。

1ヶ月前

ウクライナの調査団、南極にて氷の洞窟への入口を再発見

ウクライナの調査団が南極にて氷の洞窟への入口を再発見した。この洞窟は、以前から存在が知られていたものだが、今回の調査により、実際にはこれまで考えられていたより3倍の広さがあり、内部に湖や川があることが判明した。

1ヶ月前

解放のクリミア出身センツォフ氏、拘束時に露国籍の取得を迫られたと説明

7日に解放されたクリミア出身の映画監督オレフ・センツォフ氏と活動家のオレクサンドル・コリチェンコ氏は、ロシアに拘束されていた際に、様々な手段でロシア国籍を取得することを迫られたと説明した。

1ヶ月前

ロシアから解放されたウクライナ人たちの言葉

クリミア出身ウクライナ人映画監督のオレフ・センツォフ氏は、人質解放のために何年も闘ってきた人に感謝を伝えた。

1ヶ月前

解放されたウクライナ人たちの飛行機機内での写真

大統領府は、7日にロシアから解放されウクライナに帰還したウクライナ国民たちの飛行機機内での写真等を公開した。

1ヶ月前

東部マリウポリで、演劇の祭典がスタート

東部ドネツィク州マリウポリ市では、演劇フェスティバル「劇の門」が始まり、各地の劇団がマリウポリに集まった。

1ヶ月前

ゼレンシキー大統領、ワルシャワで第二次世界大戦開戦80年式典に参加

9月1日、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、ワルシャワ(ポーランド)にて第二次世界大戦開戦から80年が経過したことに合わせて開催された犠牲者追悼式典に参加した。

1ヶ月前

ウクライナ新内閣 閣僚一覧インフォグラフィック

8月29日、ウクライナ最高会議は、本会議にて、オレクシー・ホンチャルーク首相率いる新内閣の閣僚を確定した。

1ヶ月前

写真で見る最高会議召集の様子

8月29日、ウクライナ第9最高会議が召集された。

1ヶ月前

第9最高会議が開会 新議員が忠誠を宣誓

29日、第9最高会議が開会し、新たに選出された最高会議議員が忠誠を宣誓した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-