マリウポリ市議会、同市海洋港の現状を写した写真公開

マリウポリ市議会、同市海洋港の現状を写した写真公開

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ東部マリウポリの市議会は13日、ロシアに占領されている同市の港は、かつてはウクライナの代表的な港であったが、現在廃墟のようになっていると報告した。

市議会がテレグラム・チャンネルにて写真とともに報告した

市議会は、「被占領下のマリウポリ港はこのようになっている。沈んだ船、廃墟、完全な衰退だ」と書き込んだ。

また市議会は、このマリウポリ海洋港は以前はウクライナの最良の港の1つとみなされ、1年間に1000万トン以上の出荷が可能だったと喚起した。

そして、2022年、新しい穀物ターミナルの完成が準備されていたが、ロシアの占領により全てが破綻してしまったと伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-