クリミアの親ウクライナ地下運動「黄色いリボン」の参加者、1週間で250人強増加

クリミアの親ウクライナ地下運動「黄色いリボン」の参加者、1週間で250人強増加

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ南部被占領下クリミアにて、親ウクライナ的な地下運動を行っている「黄色いリボン」は4日、過去1週間で250人以上の新しい参加者を得たと発表した。

黄色いリボンがテレグラム・チャンネルで伝えた

発表には、「激しい弾圧や危険があるにもかかわらず、クリミアの住民は『黄色いリボン』運動に活発に参加している。先週は、250人以上の活動家が私たちのところに加わった」と書かれている。

また、同運動は、クリミア在住のウクライナ国民は引き続きロシアの占領に抵抗しており、解放を目指して闘っていると伝えている。

活動家たちは、「セヴァストーポリとシンフェローポリは、ウクライナを待っている!」と書き込んだ。

「黄色いリボン」とは、ロシアが占領するウクライナ領各地の住民たちによる親ウクライナ地下運動。同運動の発表によれば、その活動内容は、黄色いリボンを町中の様々なところに結んだり、親ウクライナ的スローガンのグラフィティを描いたり、ビラを貼り付けたりすることだという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-