グロッシーIAEA事務局長、ウクライナ西部のリウネ原発訪問

グロッシーIAEA事務局長、ウクライナ西部のリウネ原発訪問

写真
ウクルインフォルム
ウクライナを訪問しているグロッシー国際原子力機関(IAEA)事務局長は、同国西部のリウネ原子力発電所を訪問した。同原発では、IAEA専門家がロシア・ウクライナ戦争の戦闘が終了するまで常駐する。

リウネ原発がフェイスブック・アカウントで伝えた

発表によれば、リウネ原発にはIAEAから2名の原子力セキュリティの専門家が常駐し、原発の状況のモニターをしつつ、技術的サポートを提供し、ウクライナの職員への諮問を行い、また異常が発生した場合に記録をするのだという。

写真:ルスラン・カニュカ/ウクルインフォルム

また、外国人専門家は、チョルノービリ原子力発電所を含め、ウクライナの全ての原子力発電所に滞在するとし、合計で12名のIAEA専門家が活動すると書かれている。また、これはロシアの侵略を受ける中でのウクライナに対する重要な支援だと説明されている。

写真:リウネ原発

これに先立ち、16日、ウクライナ南部の南ウクライナ原子力発電所に国際原子力機関(IAEA)の専門家が同原発の監視のために到着していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-