露軍ミサイル、ドニプロ市の集合住宅に着弾 建物一部倒壊=各地被害まとめ

露軍ミサイル、ドニプロ市の集合住宅に着弾 建物一部倒壊=各地被害まとめ

写真
ウクルインフォルム
ウクライナへの侵略戦争を継続するロシア軍は、14日日中に各地への大規模ミサイル攻撃を行った。南部ドニプロ市では、集合住宅にミサイルが着弾し一部倒壊、瓦礫の下に複数住民が残っているとみられる。

ティモシェンコ宇大統領府副長官がテレグラム・チャンネルにて同着弾につき伝えた

ティモシェンコ氏は、「ドニプロからのひどいニュースだ。集合住宅に着弾した」と書き込んだ。

さらに同氏は、現場からの写真を公開し、集合住宅の一部が倒壊し、着弾時にアパートにいた人たちが、瓦礫の下になっていると書き込んだ。救助隊などが現場で活動しているという。

同氏はまた、「ドニプロの着弾した建物はとてもよく知っている。近くで生まれて、暮らしていた。その地区の人々のことも知っている。明るくて、優しい人たちだった! 怒りだ」と書き込んだ。

東部ハルキウ州では、シニェフボウ軍行政府長官は、敵のミサイル2弾が同州重要インフラ施設に着弾したと報告した

西部リヴィウ州では、コジツィキー州軍行政府長官が、同州梅雨葉インフラへの着弾を報告し、「電気と水の供給が止まる可能性がある」と報告した

南部オデーサ州では、オデーサ地区軍行政府が、同地区で防空システムが稼働していると報告した

南部ミコライウ州では、キム州軍行政府長官が、同州で防空システムが稼働していると報告した

キーウ市のクリチコ市長は、「キーウでは爆発が聞こえている。現時点では、防空システムの稼働だ。シェルターにいてくれ。ウクライナへのテロ攻撃は続いている」と書き込んだ

クレーバ・キーウ州軍行政府長官は、「キーウ州。防空システムが稼働。安全な場所にいてくれ」と書き込んだ

南部ザポリッジャ州のスタルフ州軍行政府長官は、同日朝、ザポリッジャ市がS-300のミサイルで攻撃を受けたと報告した

スタルフ氏は、「占領軍は、またも州都をS-300のミサイルで攻撃した。今回は、新たな場所、エネルホダルからだ」と伝えた。

また同氏は、過去24時間で、ロシア軍は、榴弾砲、ミサイル、空爆と90弾以上の攻撃を前線付近の18の自治体に対して行ったと報告し、同時に犠牲者は出なかったと伝えた。

南部ヘルソン州のヤヌシェヴィチ州軍行政府長官は、過去24時間、ヘルソン州は66回、内ヘルソン市は19回の攻撃を受け、住民3名が負傷したと伝えた

北部スーミ州では、ジヴィツィキー州軍行政府長官が、過去24時間、同州の国境隣接地域は55回の攻撃を受けたと報告した。

東部ドネツィク州のキリレンコ州軍行政府長官は、14日未明、ヴフレダルからリマンにかけて激しい攻撃を受け、また朝にはアウジーウカが大規模な火砲攻撃を受けたと報告した

なお、ロシア軍は14日朝にもキーウ市はじめ、ウクライナ各地をミサイルで攻撃していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-