マリウポリ劇場の俳優たち、キーウでウクライナ軍支援の慈善舞台を上演

マリウポリ劇場の俳優たち、キーウでウクライナ軍支援の慈善舞台を上演

写真
ウクルインフォルム
ロシアによる占領の続くウクライナ東部マリウポリの劇場で演劇を行っていた俳優たちが、16日、キーウにてウクライナ軍支援のための慈善舞台を上演した。

キーウ市行政府広報室が伝えた

発表には、「ロシアの空爆によりマリウポリ劇場を押し潰され、何百人のウクライナ人の命が奪われた悲劇の日から1年の経つ3月16日、マリウポリ劇場の劇団『コンツェプツィヤ』が慈善公演『笑う心のレントゲン』を上演した。慈善公演にて集められた資金は全て、ウクライナ軍のために送られる」と書かれている。

マリウポリ劇場の劇団員たちは約1年前に、演出家のオレクシー・フナテュク氏とともに、故郷マリウポリを離れざるを得なくなり、キーウへと避難し、以降、劇団はキーウの劇場のステージで公演を繰り返し、観客を魅了してきたという。

マリウポリ市議会文化・市民発展局のトリマ局長は、「このようなマリウポリ市民皆にとって苦しい時期に、私たちは、キーウにて応援を受けている。キーウは私たちにとっての2つ目のホームとなった。私たちは、悲劇的な出来事の後、ここ、トロイェシチナのデスニャンシキー地区第115児童図書館でメンバーたちと再開し、私たちの演劇を再生し始めたのだ」と発言した。

なお、2022年3月16日、ロシア軍の進軍を受けていたマリウポリでは、市民のシェルターとして利用されていたマリウポリ劇場が空爆を受けた。その際、少なくとも300人の市民が死亡したと言われている。ロシア軍は、マリウポリを占領した後に、廃墟となったマリウポリ劇場を撤去している。

写真:キーウ市議会


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-