政治

2024年6月3日

2024年6月1日

2024年5月31日

ウクライナによる侵略国領内攻撃は国際法に合致している=EU報道官

ウクライナによる侵略国領内攻撃は国際法に合致している=EU報道官

欧州連合(EU)のスタノ報道官は31日、EUが北大西洋条約機構(NATO)の決定や声明にコメントすることはないが、同時に、ウクライナがロシア侵略の犠牲者であり、侵略国の領土の軍事施設に対する攻撃を含む、合法的自衛権を有すという確信は共有していると発言した。

2024年5月30日

2024年5月29日

2024年5月28日

2024年5月27日

すでに90か国が「平和サミット」への参加を認めている=ゼレンシキー宇大統領

すでに90か国が「平和サミット」への参加を認めている=ゼレンシキー宇大統領

ウクライナのゼレンシキー大統領は27日、6月にスイスで開催されるロシア・ウクライナ戦争解決に向けた「グローバル平和サミット」には、すでに90か国が参加を認めているとしつつ、ウクライナは世界の首脳たちとさらに参加国を増やすための作業を続けていると発言した。

EUはロシアに対する恐怖を取り除き、ウクライナの勝利を支援すべき=リトアニア外相

EUはロシアに対する恐怖を取り除き、ウクライナの勝利を支援すべき=リトアニア外相

リトアニアのランズベルギス外相は27日、欧州連合(EU)がウクライナの戦争勝利を効果的に支援する上での最大の障害となっているのは、ロシアへの恐怖、同国のあり得る反応に対する恐怖であるとし、ロシアはその恐怖こそをEU、NATO加盟国に対するハイブリッド攻撃への「招待状」だとみなしているのだと指摘した。

中国外交部、「平和サミット」への参加を明言せず

中国外交部、「平和サミット」への参加を明言せず

中国外交部の毛報道官は、現時点では6月にスイスで開催されるロシア・ウクライナ戦争解決に向けた国際会議「グローバル平和サミット」について中国の公式な代表団の出席に関する情報を認めることはできないと発言した。

2024年5月24日

プーチンは「平和サミット」の成功を恐れるがために、停戦の準備があるという偽のシグナルを出している=クレーバ宇外相

プーチンは「平和サミット」の成功を恐れるがために、停戦の準備があるという偽のシグナルを出している=クレーバ宇外相

ウクライナのクレーバ外相は24日、ロシアの匿名の政権関係者が、プーチンには現在の衝突ラインで戦争を凍結させる準備があると発言したことの目的は、ウクライナが主導し、スイスで来月開催される「平和サミット」を破綻させたいこと、クレムリンが同サミットを非常に恐れているということの現れだと説明した。

2024年5月23日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}