政治

2022年12月13日

ウクライナ国会、キーウ区行政裁判所の解体と新裁判所の設置を決定

ウクライナ国会、キーウ区行政裁判所の解体と新裁判所の設置を決定

ウクライナの最高会議(国会)は13日、行政の決定の違法性を判断し、決定の無効化に繋がる判決を下すことのできる権限を持つ、現行の「キーウ区行政裁判所」を解体し、同時に「キーウ市区行政裁判所」を新設することを決定した。新設裁判所への裁判官任命などは、新規に行われることになる。

シュミハリ宇首相、グロッシーIAEA事務局長とザポリッジャ原発の非軍事化につき協議

シュミハリ宇首相、グロッシーIAEA事務局長とザポリッジャ原発の非軍事化につき協議

ウクライナのシュミハリ首相は13日、国際原子力機関(IAEA)のグロッシー事務局長と会談し、同国南部にあり現在ロシアに占拠されているザポリッジャ原子力発電所の非軍事化に必要な今後の行動について協議を行った。IAEA側は、近々ウクライナ国内の全ての原発に技術常駐ミッションを派遣する意向があると伝えた。

2022年12月12日

2022年12月11日

2022年12月10日

2022年12月9日

2022年12月7日

2022年12月6日

2022年12月5日

2022年12月4日

ゼレンシキー宇大統領、露産原油価格の上限額に不満表明

ゼレンシキー宇大統領、露産原油価格の上限額に不満表明

ウクライナのゼレンシキー大統領は3日、欧州連合(EU)理事会がロシア産石油価格の上限額を60ドルとする決定を下したことにつき、十分な制限ではないとし、「世界はロシアをエネルギー面で真に武装解除させることに踏み切れていない」と不満を表明した。

2022年12月3日

「ウクライナ抜きでウクライナのことは何も決めない」=米国務省、露との協議可能性に関する立場を説明

「ウクライナ抜きでウクライナのことは何も決めない」=米国務省、露との協議可能性に関する立場を説明

プライス米国務報道官は、バイデン米大統領にはロシアが戦争終結の準備を示したら、ウクライナにおける平和について協議すべくプーチン露大統領と会う準備があるが、その場合も、北大西洋条約機構(NATO)とウクライナと緊密に調整した上で行うことになると発言した。

2022年12月2日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}