政治

ウクライナ、新ドンバス行動計画を提案へ 来年3月の被占領地選挙実施等=三者グループ宇代表

ウクライナ、新ドンバス行動計画を提案へ 来年3月の被占領地選挙実施等=三者グループ宇代表

ウクライナは、ロシア、欧州安全保障協力機構(OSCE)とともにドンバス情勢を協議するフォーマット「三者コンタクト・グループ(TCG)」のために、「共通行動計画」を作成した。同計画には、2021年3月31日の地方選挙実施と、その条件としての紛争の完全停止、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域(ORDLR)の非軍事化が記載されている。

2020年11月4日

ゼレンシキー大統領、マウラー赤十字総裁と会談

ゼレンシキー大統領、マウラー赤十字総裁と会談

ゼレンシキー大統領は3日、ドンバス地方にてコンタクト・ラインの両側(政府管理地域と非政府管理地地域)を訪問するためにウクライナへ渡航している国際赤十字委員会(ICRC)のピーター・マウラー総裁と会談した。

2020年11月3日

独大使、ウクライナの憲法裁危機にコメント

独大使、ウクライナの憲法裁危機にコメント

アンカ・フェルドグゼン駐ウクライナ・ドイツ大使は、ウクライナ憲法裁判所は自らの判決においてウクライナ憲法に記載されている不可逆な欧州大西洋統合路線の課題を考慮すべきであるはずが、最近の電子資産申告関連の判決についてはその点で疑問があると発言した。

2020年11月2日

2020年10月31日

2020年10月30日

内閣、政権高官資産申告の再公開を決定 安保会議決定受け

内閣、政権高官資産申告の再公開を決定 安保会議決定受け

29日、ゼレンシキー大統領は同日の国家安全保障国防会議(NSDC)による決定を発効させる大統領令に署名。これを受けて、閣僚会議(内閣)は、国家汚職防止庁(NAPC)に対して電子資産申告の公開を義務付ける決定を採択した。

憲法裁判決を受けた緊急安保会議招集 電子資産申告公開再開へ

憲法裁判決を受けた緊急安保会議招集 電子資産申告公開再開へ

ゼレンシキー大統領は29日、誤った資産申告の責任を定める刑法典366−1条を違憲とし、政権高官の公開資産情報へのアクセスを禁じる憲法裁判所の判決を受け、国家安全保障国防会議(NSDC)臨時会合を招集し、電子資産申告情報は再び公開されると発言した。

憲法裁判決を受けた緊急安保会議招集 電子資産申告公開再開へ

憲法裁判決を受けた緊急安保会議招集 電子資産申告公開再開へ

ゼレンシキー大統領は29日、誤った資産申告の責任を定める刑法典366−1条を違憲とし、政権高官の公開資産情報へのアクセスを禁じる憲法裁判所の判決を受け、国家安全保障国防会議(NSDC)臨時会合を招集し、電子資産申告情報は再び公開されると発言した。

2020年10月29日

欧州統合担当副首相、EUの査証免除は維持できると発言

欧州統合担当副首相、EUの査証免除は維持できると発言

欧州連合(EU)のウクライナ国民への査証免除適用の重要要件であった電子資産申告システム関連法につき、27日にウクライナ憲法裁判所が複数の重要項目を違憲とし、無効化したことにつき、オリハ・ステファニシナ欧州・欧州大西洋統合担当副首相は、査証免除を維持すると明言した。

2020年10月28日

2020年10月27日

ウクライナ外務省、ハンガリー大使を召喚し抗議

ウクライナ外務省、ハンガリー大使を召喚し抗議

ウクライナ外務省は、地方選挙時にハンガリー外相がウクライナの一政党を支持する政治的な扇動をしたことにつき、イージャルトー駐ウクライナ・ハンガリー大使を召喚して抗議の口上書を手渡した。

2020年10月26日

2020年10月25日

2020年10月23日

ブダペスト覚書についての国民の意見は「非常に重要」=ゼレンシキー大統領

ブダペスト覚書についての国民の意見は「非常に重要」=ゼレンシキー大統領

ゼレンシキー大統領は、25日の地方選挙と並行して行われる世論調査にて、ブダペスト覚書の保証にかにて国民の意見を聞くことは非常に重要だと発言した。ブダペスト覚書とは、1994年12月5日、ブダペストにおいて、ウクライナ、アメリカ、ロシア、イギリスが署名したウクライナの安全の保証に関する覚書の通称。

2020年10月22日

与党議員、大統領が国会解散し得る条件を説明

与党議員、大統領が国会解散し得る条件を説明

最高会議人文・情報政策委員会のミキータ・ポトゥライェウ委員長(人民奉仕者党議員)は、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領が最高会議(国会)の解散を検討する可能性のある条件につき説明した。

2020年10月21日

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}