政治

2024年2月16日

ラヴロフ露外相、占領下モルドバ領の「ロシア系住民」の未来に「懸念」表明 ウクライナ大使がコメント

ラヴロフ露外相、占領下モルドバ領の「ロシア系住民」の未来に「懸念」表明 ウクライナ大使がコメント

ロシアのラヴロフ外相がモルドバの被占領下トランスニストリア地域で暮らす、ロシアが「ロシア系」だと主張する住民の運命を「懸念する」と発言したことにつき、シェウチェンコ駐モルドバ・ウクライナ大使は、それはモルドバ情勢を不安定化させる試みだと発言した。

2024年2月15日

2024年2月14日

2024年2月13日

2024年2月10日

2024年2月8日

2024年2月7日

EUは「必要な限り」ではなく「ウクライナの勝利に必要な全て物」で支援すべき=ボレルEU上級代表

EUは「必要な限り」ではなく「ウクライナの勝利に必要な全て物」で支援すべき=ボレルEU上級代表

キーウを訪問している欧州連合(EU)のボレル外務・安全保障政策上級代表は7日、EUはウクライナ支援のパラダイムを変えて、「必要な限り」支援するのではなく、ウクライナがロシアとの戦争に勝利するのに必要な全ての物を供与しなければならないとの見方を示した。

2024年2月6日

2024年2月5日

報道関係者に対する隠しカメラ設置に関する調査報道発表につきウクライナ保安庁コメント

報道関係者に対する隠しカメラ設置に関する調査報道発表につきウクライナ保安庁コメント

ウクライナの調査報道で知られる報道プロジェクト「ビフス」が5日、自身たちの滞在場所に隠しカメラを設置していたのがウクライナ保安庁(SBU)国家性保護局の職員だったとする調査報道の発表を行ったところ、SBUはこれを受けて、同局に関する人事決定を採択したと発表した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}