政治

G7大使、ウクライナ汚職対策改革の後退に警告

G7大使、ウクライナ汚職対策改革の後退に警告

ウクライナに駐在するG7各国とEUの大使は、19日のゼレンシキー大統領との会談にて、現在の憲法裁危機を解決し、汚職対策改革の更なる後退を回避するために緊急の行動が必要であることを確認した。

2020年11月19日

ゼレンシキー大統領、G7大使に憲法裁危機脱出の行動を説明

ゼレンシキー大統領、G7大使に憲法裁危機脱出の行動を説明

ゼレンシキー大統領は19日、ウクライナに駐在するG7各国・EU大使とビデオ会談を行い、10月末の憲法裁判所の判決以降続く危機からの脱出手段を説明し、年内に誤った情報で資産申告を行なった人物への刑罰規定の復活、国家汚職防止庁(NAPC)の機能回復、憲法裁判所問題の解決を行うと発言した。

2020年11月18日

2020年11月17日

2020年11月16日

ゼレンシキー大統領、ドンバス被占領地住民にロシア語で呼びかけ

ゼレンシキー大統領、ドンバス被占領地住民にロシア語で呼びかけ

ゼレンシキー大統領は、ドネツィク・ルハンシク両州の政府管理地域と非政府管理地域の移動に用いられる通過検問地点をウクライナ側は全て開いていると伝えつつ、非政府管理地域に暮らすウクライナ国民に誰が検問地点を塞いでいるのか考えるよう呼びかけた。

ウクライナ保健相、コロナ感染

ウクライナ保健相、コロナ感染

ウクライナのマクシム・ステパノウ保健相は14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査が陽性であったと発表した。

2020年11月13日

EU、ドンバス武装集団に通過検問地点の開通を要請

EU、ドンバス武装集団に通過検問地点の開通を要請

欧州連合(EU)は、ウクライナ東部ルハンシク州にて、民間人の政府管理地域と非政府管理地域間移動に利用される新しい通過検問地点「ゾロテー」と「シチャースチャ」をウクライナ政府が開通したことを歓迎した。同時に、EUは、ロシアの支援する違法武装集団に対して、両地点の開通を要請した。

大統領、裁判改革の必要を主張

大統領、裁判改革の必要を主張

ゼレンシキー大統領は、現在の憲法裁判所危機にコメントしつつ、現在ウクライナ国民の裁判制度への信頼は、ロシアのプロパガンダ・メディアより少しましな程度だと指摘した。

2020年11月12日

2020年11月11日

バイデン氏のウクライナ関連発言集

バイデン氏のウクライナ関連発言集

米大統領選挙にて当選を確実にしたバイデン氏は、ウクライナへの殺傷性武器の供与を約束している。同時に、彼はウクライナの汚職との闘いに懸念を抱いている。

ゼレンシキー大統領への支持33%

ゼレンシキー大統領への支持33%

最新の世論調査の結果、もし現在大統領選挙が行われた場合、約3分の1の有権者がゼレンシキー・ウクライナ大統領に投票するつもりであることがわかった。

2020年11月10日

政党支持 4党が国会議席獲得可能

政党支持 4党が国会議席獲得可能

最新の世論調査によれば、もし現在最高会議(国会)選挙が実施された場合、議席獲得が可能となる得票率5%の閾値(いきち)を超える見込みがあるのは、人民奉仕者党、欧州連帯党、野党生活党、祖国党の4党であることがわかった。

2020年11月9日

ミンスク協議には国境管理回復の作業部会が必要=副首相

ミンスク協議には国境管理回復の作業部会が必要=副首相

オレクシー・レズニコウ副首相兼一時的被占領地再統合問題相は、ウクライナ、ロシア、欧州安保協力機構(OSCE)からなり、ドンバス情勢解決を協議する三者コンタクト・グループ(TCG)には、5つ目の「ロシアとの国境管理の回復問題作業部会」が必要だと発言した。

週末の防疫方策強化 保健相が説明

週末の防疫方策強化 保健相が説明

ウクライナ保健省は、国内の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の急速な拡大を受けて、週末の強化防疫方策導入を含む、各種防疫方策強化を提案していく。

2020年11月7日

2020年11月6日

クリチコ・キーウ市長再選

クリチコ・キーウ市長再選

現職キーウ(キエフ)市長であり、10月25日の同市長選挙に出馬していたヴィタリー・クリチコ候補は、過半数となる50.52%の得票率にて再選した。

ウクライナ、防疫方策強化へ

ウクライナ、防疫方策強化へ

6日、国家技術環境安全非常状況問題委員会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内拡大に伴い、ウクライナ全土にて制限措置を強化することを決定した。

2020年11月5日

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}