政治

ゼレンシキー宇大統領、トラス氏の新英首相につき「多くのことを一緒にできると信じている」

ゼレンシキー宇大統領、トラス氏の新英首相につき「多くのことを一緒にできると信じている」

ウクライナのゼレンシキー大統領は5日、英国のトラス氏が与党保守党の党首選挙で勝利したことを受け、ウクライナと英国の関係は史上最も高い水準にあるのであり、トラス氏の首相任命がその関係をさらに強固なものにするだろうとの希望を有していると発言した。

2022年9月5日

2022年9月4日

ザポリッジャ原発でIAEA調査団と同行した露「ロスアトム代表者」はエネルギー専門家ではなかった=報道

ザポリッジャ原発でIAEA調査団と同行した露「ロスアトム代表者」はエネルギー専門家ではなかった=報道

9月1日にウクライナ南部でロシアが占拠するザポリッジャ原子力発電所を調査したIAEA調査団に露「ロスアトム代表者」だとして同行していた人物は、実際には、エネルギー専門家ではなく、以前にスフミ(ロシアが占領するジョージア領)の実験霊長類学・治療研究所所長を務めていた、政治専門家のレナト・カルチャー氏であることがわかった。

2022年9月3日

ウクライナ国鉄、クリミア住民に避難用鉄道便を提案

ウクライナ国鉄、クリミア住民に避難用鉄道便を提案

ウクライナの国鉄「ウクルザリズニツャ」社は、一時的被占領下にあるクリミアのウクライナ国民に対して、ウクライナ政府管理地域のザポリッジャ、クリヴィー・リフ、オデーサから避難用の鉄道便を利用することを提案した。

ザポリッジャ原発にはIAEA代表者2名が常駐する=グロッシーIAEA事務局長

ザポリッジャ原発にはIAEA代表者2名が常駐する=グロッシーIAEA事務局長

1日にロシアの占拠するウクライナ南部のザポリッジャ原子力発電所を訪れたグロッシー国際原子力機関(IAEA)事務局長は2日、IAEA調査団の原発訪問後、6名のIAEA専門家が原発敷地に残ったと述べ、さらに今後、2名の専門家が同原発で恒常的に活動を行っていくと発言した。

2022年9月2日

「『これはプーチンの戦争であり、他は皆無実』という主張は過去のもの」 宇外相、EUによる対露国民査証発給制限決定にコメント

「『これはプーチンの戦争であり、他は皆無実』という主張は過去のもの」 宇外相、EUによる対露国民査証発給制限決定にコメント

ウクライナのクレーバ外相は1日、欧州連合(EU)の外務理事会が8月31日にロシア国民に関する査証政策を変更する決定を採択したことを肯定的に評価すると述べつつ、重要なのはEU加盟国による同決定の善意ある履行だとも強調した。

2022年9月1日

2022年8月31日

IAEA調査団、ザポリッジャ市に到着

IAEA調査団、ザポリッジャ市に到着

ウクライナ南部のザポリッジャ原子力発電所の調査のためにウクライナ入りしている国際原子力機関(IAEA)調査団がザポリッジャ市に到着した。今後、原発の位置するロシアが占領するエネルホダル市へ向かうことになる。

2022年8月30日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}