戦争

2022年3月22日

2022年3月21日

クリミア・タタール人とベラルーシ人の専門家、鉄道を通じたロシア軍の妨害可能性に言及

クリミア・タタール人とベラルーシ人の専門家、鉄道を通じたロシア軍の妨害可能性に言及

クリミア・タタール人研究者のエスケンデル・バリイェフ氏は、被占領下クリミアでは、ロシア軍の活動妨害のために、ケルチ橋から「鉄道戦争」をすべきだとのアイデアを出している。また、ベラルーシの反政権運動のフラナク・ヴャチョルカ氏は、ベラルーシの活動家たちがロシアの鉄道を止めていると報告した。

ロシアとの譲歩は国民投票で決められる=ゼレンシキー宇大統領

ロシアとの譲歩は国民投票で決められる=ゼレンシキー宇大統領

ウクライナのゼレンシキー大統領は21日、ウクライナとロシアの協議における譲歩の形態はウクライナの国民投票で決められることになると発言した。譲歩の中身は、安全保障問題やドネツィク・ルハンシク両州とクリミアといった一時的被占領地に関するものになるということ。

ゼレンシキー宇大統領、欧州の人々にウクライナの平和のためにロシアへ圧力をかけるよう呼びかけ

ゼレンシキー宇大統領、欧州の人々にウクライナの平和のためにロシアへ圧力をかけるよう呼びかけ

ウクライナのゼレンシキー大統領は21日、ドイツ国民と全ての欧州市民に対して、ウクライナの平和達成に向けてロシアに圧力をかけるよう呼びかけた。特にゼレンシキー氏は、ロシアに対して、欧州の港を全て閉じ、商品の輸出を止め、ロシアのエネルギーを拒否すべきだと主張した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}