ロシア軍ミサイル攻撃、ウクライナ各地の電力インフラ施設に着弾 政権は緊急停電を発表

ロシア軍ミサイル攻撃、ウクライナ各地の電力インフラ施設に着弾 政権は緊急停電を発表

ウクルインフォルム
15日のロシア軍によるウクライナへの大規模なミサイル攻撃により、各地の電力インフラ施設が破壊された。ウクライナ大統領府は、電力供給の状況が危機的となっていると発表した。

ティモシェンコ宇大統領府副長官がテレグラム・チャンネルで発表した

ティモシェンコ氏は、「ロシアのテロリストたちは、電力インフラ施設への新たな計画した攻撃を行った。状況は危機的だ」と書き込んだ。同氏は、最も着弾が多かったのは、ウクライナ中部と北部だと伝えた。

同氏はまた、キーウ市の状況は極めて困難だとし、緊急停電の特別計画が導入されていると指摘した。さらに同氏は、電力会社「ウクルエネルホ」社は、電力システムの均衡と機材の事故の回避のために、緊急停電を開始せざるを得ないと説明した。

同氏は、「安定化停電計画は現在機能していない。電力を消費を控えて、耐えて欲しい! テロリストは、いずれにせよ負けるのだ」と強調した。

クリチコ・キーウ市長は、テレグラム・チャンネルにて、ロシア軍のミサイル攻撃を受けた後のキーウ市内の状況につき、少なくとも市内消費者の半数が停電対象となると発表した

クリチコ氏は、「大規模ミサイル攻撃により、ウクルエネルホ社の指示を受け、電力関係者は、ウクライナ全体での緊急停電を開始した。首都もだ。これは、電力システム均衡化と機材事故回避のために必要な行動だ」とし、首都では「暫定情報では、少なくとも消費者の半分が停電となる」と伝えた。

さらにクリチコ氏は、15日のキーウ市内の集合住宅へのミサイル着弾により、現場にて住民1名の遺体が見つかったと報告した

同氏は、「ペチェルシク地区のミサイルが着弾した建物の1つにて、救助隊が1名の遺体を見つけた。救助捜索活動は継続している」と書き込んだ。

また、東部ハルキウ市では、テレホウ市長が、重要インフラ施設へのミサイル着弾を報告した

西部リヴィウ州では、コジツィキー州軍行政府長官が、州内の重要電力インフラ施設への着弾を報告した

西部ヴォリーニ州では、ポフリャイコ州軍行政府長官が、同州の重要インフラ施設へのミサイル着弾を報告した

中部フメリニツィキー州では、ハマリー州軍行政府長官が、ミサイル2弾が着弾したとし、フメリニツィキー市の一部で停電が生じていると伝えた

中部ポルタヴァ州では、ルニン州軍行政府長官が、クレメンチューク市のインフラ施設への着弾を報告した

西部リウネ州では、トレチャク・リウネ市長が重要インフラ施設への着弾を報告した

中部ジトーミル州では、スホムリン・ジトーミル市長が、電力施設へのミサイル着弾を報告した

これに先立ち、クリチコ・キーウ市長は、15日、キーウ市ペチェルシク地区が敵の攻撃を受けたと発表していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-