ロシア軍、ウクライナ各地をミサイル攻撃

ロシア軍、ウクライナ各地をミサイル攻撃

ウクルインフォルム
15日、ウクライナへの侵略を続けるロシア軍は、各地をミサイルで攻撃した。

キーウの集合住宅への複数の着弾の他、各地で防空システムによる撃墜や爆発音の報告が相次いでいる。

西部リヴィウのサドヴィー市長は、テレグラム・チャンネルにて、「リヴィウで爆発が聞こえている。皆シェルターへいてくれ!」と書き込んだ

東部ハルキウ州のシニェフボウ州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて、「占領者はハルキウを攻撃している!シェルターにいてくれ」と書き込んだ

キーウ州のクレーバ州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて、「州内では、防空システムが稼働している。対象撃墜の情報がある」と伝えた。また同氏は、「写真を撮ったり着弾現場を撮ったりしないでくれ。シェルターにいてくれ」と呼びかけた

また、西部ヴィンニツャ州のボルゾウ軍行政府長官、中部ポルタヴァ州のルニン軍行政府長官、中部チェルカーシ州のタブレツ州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて、同州での防空システムの稼働を伝えた。

北部スーミ州のジヴィツィキー州軍行政府長官は、テレグラム・チャンネルにて、「スーミ州ロメン地区では防空システムが稼働、ミサイルを撃墜した」と伝えた

これに先立ち、クリチコ・キーウ市長は、15日、キーウ市ペチェルシク地区が敵の攻撃を受けたと発表していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-