キーウ市内、ロシア・ミサイル着弾地点の火災鎮火

キーウ市内、ロシア・ミサイル着弾地点の火災鎮火

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ首都キーウでは、15日のロシア軍のミサイルが着弾した地点の火災が鎮火された。

ウクライナの国家非常事態庁がフェイスブック・アカウントで報告した

発表には、11月15日約15時30分、国家非常事態庁キーウ市総局へと3つの住所での着弾に関する通報が入ったと書かれている。

その内、ペチェルシク地区では、撃墜されたミサイルの破片の落下により、5階建て集合住宅の2階と3階にて火災が発生、炎上範囲は60平方メートルであり、建物の正面部分が破壊されたという。さらに、24階建て集合住宅の24階部分のアパートが部分的に破壊されたが、火災は発生しなかったと書かれている。

オボロン地区では、撃墜されたミサイルの破片が廃墟の建物の基盤部分近くに落下したという。

同庁は、「現場の火災は鎮火された」と報告した。

また、今回の敵の攻撃の結果、キーウ市全体で1名が死亡、1名が負傷したとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-