新着ニュース

2021年9月30日

バービン・ヤールにて祈祷 複数宗教団体代表者参加

バービン・ヤールにて祈祷 複数宗教団体代表者参加

9月29日にナチス占領下のキーウ(キエフ)におけるユダヤ人を中心とする民間人の大量殺害「バービン・ヤール(バービー・ヤール)」から80年が経過することを受け、キーウ市内の追悼碑にて、ウクライナ正教会やユダヤ教団体代表者などによる祈祷が行われた。

2021年9月29日

ゼレンシキー大統領、バービン・ヤール犠牲者を追悼

ゼレンシキー大統領、バービン・ヤール犠牲者を追悼

ゼレンシキー大統領は29日、ナチス占領下のキーウ(キエフ)におけるユダヤ人を中心とする民間人の大量殺害「バービン・ヤール(バービー・ヤール)」から80年が経過することを受け、追悼碑を訪れ献花を行った。

メルケル独首相周辺人物のウクライナのEU・NATO加盟に関する立場は無根拠=宇副首相

メルケル独首相周辺人物のウクライナのEU・NATO加盟に関する立場は無根拠=宇副首相

メルケル独首相の元補佐官であるクリストフ・ホイゼン氏による、ウクライナの欧州連合(EU)・北大西洋条約機構(NATO)加盟はロシアの否定的な態度から反対しているとする発言につき、オリハ・ステファニシナ宇欧州・欧州大西洋統合担当副首相は、根拠のない立場だとコメントした。

2021年9月28日

ロシアがマレーシア機撃墜について真実を述べることはない 情報収集を継続すべき=ベリングキャット

ロシアがマレーシア機撃墜について真実を述べることはない 情報収集を継続すべき=ベリングキャット

民間調査グループ「ベリングキャット」の創始者エリオット・ヒギンス氏は、ロシアが2014年マレーシア航空MH17便撃墜における真実を述べることはないだろうとし、そのために同事件に関する真実の模索と情報の収集の努力を続けなければならないと発言した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-