ウクライナ軍報道官、東部ソレダールからの撤退につき説明

ウクライナ軍報道官、東部ソレダールからの撤退につき説明

ウクルインフォルム
ウクライナ軍東部管区のチェレヴァティー報道官は、ウクライナ軍がドネツィク州ソレダールから撤退したことにつき説明した。

チェレヴァティー報道官がウクルインフォルムに伝えた。

チェレヴァティー氏は、数か月にわたる集中的な戦闘の後、ウクライナ軍がソレダールの近郊の陣地に撤退したことを認めた。

同氏はその際、「防衛戦力の兵員の命を守るためにソレダールから撤退し、事前に準備していた防衛ラインを強化した。ソレダールの防衛者たちは、真の偉業を実行したのであり、敵が3〜5倍優勢であるにかかわらず、陣地を強固に維持していた。彼らは、敵の人員に甚大な損耗を与えたのであり、それは侵略国の2回のチェチェン戦争に比するこのできるものである」と発言した。

なお、軍事専門家のチェルニク氏は、ロシアの傭兵集団「ヴァグネル(ワグナー)」は、バフムートとソレダールの戦闘で、同集団の全体の戦力の約3分の2である約4万人を失ったと評価している。

写真:MAXAR


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-