新着ニュース

2021年10月6日

オデーサ市長に汚職犯罪容疑伝達

オデーサ市長に汚職犯罪容疑伝達

ヴェネジクトヴァ検事総長と国家汚職対策局(NABU)は、ヘンナジー・トルハノウ・オデーサ市長はじめオデーサ市幹部に対する汚職犯罪の容疑を伝達したことを発表した。

世銀、ウクライナの経済成長予想を上方修正

世銀、ウクライナの経済成長予想を上方修正

世界銀行は、2021年のウクライナの国内総生産(GDP)成長率予想を引き続き3.8%としつつ、2022年と2023年の成長率の見通しについてはそれぞれ3.5%、3.7%と上方修正した。

2021年10月5日

ゼレンシキー大統領、イスラエル大統領と会談

ゼレンシキー大統領、イスラエル大統領と会談

ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は5日、キーウ(キエフ)を訪問しているイツハク・ヘルツォグ・イスラエル大統領と会談した。ヘルツォグ大統領のウクライナ訪問は、大統領就任後初の外遊先となる。

ウクライナの汚職捜査機関、パンドラ文書言及の送金を分析中

ウクライナの汚職捜査機関、パンドラ文書言及の送金を分析中

ウクライナの政権高官の汚職犯罪の捜査に特化した法執行機関「国家汚職対策局」(NABU)は、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手・検証している「パンドラ文書」にて言及されているウクライナのプリヴァト銀行の送金の全てを分析している。

サーカシヴィリ氏、ゼレンシキー大統領に書簡

サーカシヴィリ氏、ゼレンシキー大統領に書簡

ジョージアで拘束されているミヘイル・サーカシヴィリ元同国大統領(ウクライナ国民)は、ヴォロディーミル・ゼレンシキー・ウクライナ大統領に対して、対応に感謝する書簡を公開した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-