三重県消防組合、ウクライナへ救急車を提供

三重県消防組合、ウクライナへ救急車を提供

写真
ウクルインフォルム
日本在住のウクライナ人を中心とするNPO「クラヤニ(KRAIANY)」は2日、三重県の消防組合からウクライナへの支援として救急車を受け取ったと発表した。

クラヤニがフェイスブック・アカウントで報告した

発表には、同日クラヤニが三重県の消防組合より日本からウクライナへ送られる1台目の救急車を受け取ったと書かれ、紀勢地区広域消防組合への感謝が伝えられている。

またクラヤニは、「ウクライナでは、交通や電力などのインフラ設備のほか、医療機関も攻撃されていることから、救急車が不足している状態が続いている」と伝えた。

今回寄付された救急車は、春先には現地NPOを通して人道救援に活用されていくとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-