防衛

2022年1月14日

2022年1月12日

2022年1月11日

米露高官協議 米、NATO拡大原則譲らず 協議継続へ

米露高官協議 米、NATO拡大原則譲らず 協議継続へ

10日、米露高官が緊迫するロシア・ウクライナ情勢を受けてジュネーブで「戦略的安定対話」フォーマットでの協議を行った。シャーマン米国務副長官は、米国は、北大西洋条約機構(NATO)拡大原則である「オープンドア政策」を縮小させる可能性は、ウクライナに関するものも含め、全て排除したと伝えた。

2022年1月10日

2022年1月8日

ロシアとの対話がうまくいかなかった場合の準備必要=NATO事務総長

ロシアとの対話がうまくいかなかった場合の準備必要=NATO事務総長

ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長は、同機構はウクライナ周辺のロシア軍集結による緊張を緩和するために、何よりも外交的手段の模索を重視しているが、同時に、更なる紛争が生じる可能性は現実的であり、外交がうまくいかなかった場合に備える必要があると考えている。

NATO事務総長、ウクライナ・ジョージアの将来のNATO加盟に関する決定が現在も有効であることを確認

NATO事務総長、ウクライナ・ジョージアの将来のNATO加盟に関する決定が現在も有効であることを確認

ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長は7日、2008年のNATOブカレスト首脳会談時の将来のウクライナとジョージアの加盟を認める決定が現在も有効であること、またNATOのオープンドア政策は、スウェーデンやフィンランドなど他の国にも該当するものであると発言した。

2022年1月6日

2022年1月5日

2022年1月4日

2022年1月2日

2021年12月31日

2021年12月30日

2021年12月29日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}