日本の石彫家八木ヨシオ氏の作品、キーウ州イルピンに設置

日本の石彫家八木ヨシオ氏の作品、キーウ州イルピンに設置

写真
ウクルインフォルム
日本の石彫家八木ヨシオ氏の作品がロシアのウクライナ全面侵略の被害を受けたキーウ州イルピンに設置された。

マルクシン・イルピン市長がフェイスブック・アカウントで伝えた

マルクシン市長は、「世界の注目を破壊されたイルピンの文化へと向ける現代アートだ」。アート集団『チェルヴォネ・チョルネ(赤・黒)』が日本のアーティスト八木ヨシオ氏の彫刻をイルピンに持ってきた。作品は、今日(1月10日)、中央文化会館の廃墟の側に設置された」と伝えた。

Сучасне мистецтво, що привертає увагу світу до зруйнованої культури Ірпеня – мистецьке об’єднання «ЧервонеЧорне»...

Опубліковано Олександр Маркушин Середа, 10 січня 2024 р.

作品の開幕式と記者会見は、1月16日12時に中央文化会館の近くで行われるという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-