グランディ国連難民高等弁務官、松田日本大使とともに復興の進むキーウ州イルピン視察

グランディ国連難民高等弁務官、松田日本大使とともに復興の進むキーウ州イルピン視察

写真
ウクルインフォルム
ウクライナを訪れているフィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官は23日、松田邦紀駐ウクライナ日本国大使とともにロシア侵略により被害を受けたキーウ州イルピンを視察した。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

グランディ高等弁務官は、松田大使、クラウチェンコ・キーウ州軍行政府長官とともにイルピンを訪れ、70軒の民家の包括的再建の行われている地区を訪れた。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、バヒロヴァ通りとホストメリシケ道の交差する地区における70軒の民家の修理あるいは再建のための資材を提供している。イルピンにおける戦闘開始以降、300人以上の住民がこの地区での住居を失ったままである。

グランディ氏は、「戦争は続いている。私たちはそれを覚えておかねばならない。UNCHRのような人道組織は、ウクライナ政府、地方自治体、シンプルに全ての自分の住居の再建プロセスにあるウクライナ国民への支援を続け、彼らをその点で支援せねばならない」と発言した。

クラウチェンコ・キーウ州軍行政府長官は、大半の人は建物に戻ってきているとし、31の民家が改修されたが、その他の建物は一から再建されていると伝えた。

クラウチェンコ氏は、「プロセスは続いている。2024年の第2四半期の終わりには、私たちはこのプロジェクトを完全に終えて、他の地区、小地区の再建へと移行する予定だ」と発言した。

また同氏は、このプロジェクト実現に加わっている国際パートナーに対して謝意を伝えた。

写真:イェウヘン・コテンコ/ウクルインフォルム

なお、UNCHRは、パートナー国とともに、これまでにハルキウ、ミコライウ、チェルニヒウ、スーミなど、ウクライナ全土で2万7500軒以上の建物の修理を終えている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-