ロシア軍の自爆型無人機の攻撃でキーウの集合住宅に被害 各地で露軍砲撃続く

ロシア軍の自爆型無人機の攻撃でキーウの集合住宅に被害 各地で露軍砲撃続く

写真
ウクルインフォルム
ウクライナへの全面侵略戦争を続けるロシア軍は、21日夜から22日未明にかけて、同国各地を自爆型無人機で攻撃した。首都キーウでは撃墜された無人機の落下により3地区で被害が発生した。

キーウ市軍行政府がテレグラム・チャンネルで伝えた

発表にて、ポプコ・キーウ市軍行政府長官は、「過去6日間で3回連続となる無人機による空から首都への攻撃だ。またも同じ『シャヘド』であり、またも市のインフラと住宅が狙われた。露シスト(編集注:ロシア+ファシストの造語)の無人機の1つが、キーウ市ソロムヤンシキー地区で被害を生み出した。そこの集合住宅の上階で火災が発生し、アパート3軒の壁が部分的に破壊され、さらに3軒で窓が割られた」と報告した。

キーウ市ソロムヤンシキー地区の被害 写真:ルスラン・カニュカ/ウクルインフォルム

暫定情報では、同地区では2名が負傷し、内1名が病院へ搬送されたという。

また、同市ダルニツィキー地区では、無人機の破片落下で2階建て民家で火災が発生。犠牲者なし。同市ホロシーウシキー地区では破片が落下したものの、破壊も犠牲者も生じなかったと報告された。

テレビ番組「統一ニュース」の司会者を務めるアンドリー・コヴァリシキー氏は、フェイスブック・アカウントで、自宅アパートが今回の無人機の攻撃で被害を受けたと報告した。

Сьогодні іранський мопєд потрапив в квартиру мого товариша Андрій Ковальський Спільнота Sport & Business Club Ukraine...

Опубліковано Александром Глущенком Четвер, 21 грудня 2023 р.

クラウチェンコ・キーウ州軍行政府長官は、フェイスブック・アカウントにて、キーウ州では撃墜された無人機の落下で3軒の民家が損傷したと報告した。同時に重要インフラへの被害は出ておらず、また暫定情報では犠牲者も出ていないとのこと。

ウクライナ空軍は、テレグラム・チャンネルにて、今回のロシア軍の攻撃では自爆型無人機「シャヘド」が28機発射され、ウクライナ防空戦力はこの内24機を撃墜したと報告した

迎撃は、キーウ州、オデーサ州、ミコライウ州、ヘルソン州、ジトーミル州、リウネ州、フメリニツィキー州で行われたという。

その他、南部ザポリッジャ州のマラシュコ州軍行政府長官は、フェイスブック・アカウントにて、過去24時間、同州はロシア軍から181回砲撃されたと報告した。民間人犠牲者なし。

クルチェウ・ザポリッジャ市長は、テレグラム・チャンネルにて、21日夜のロシア軍のザポリッジャへのミサイル攻撃で、電線が損傷し、ガレージが複数破壊されたと報告した。犠牲者なし。

南部ヘルソン州のプロクジン州軍行政府長官は、フェイスブック・アカウントにて、過去24時間ロシア軍は同州を117回攻撃、民間人1名が死亡し、2名が負傷したと報告した

東部ドネツィク州のモロズ州軍行政府長官は、フェイスブック・アカウントにて、過去24時間、同州ではロシア軍の攻撃で民間人が3名死亡、9名が負傷したと報告した

東部ハルキウ州のシニェフボウ州軍行政府長官は、フェイスブック・アカウントにて、過去24時間、同州20の自治体がロシア軍に攻撃されたと報告した


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-