政治

ロシアがマレーシア機撃墜について真実を述べることはない 情報収集を継続すべき=ベリングキャット

ロシアがマレーシア機撃墜について真実を述べることはない 情報収集を継続すべき=ベリングキャット

民間調査グループ「ベリングキャット」の創始者エリオット・ヒギンス氏は、ロシアが2014年マレーシア航空MH17便撃墜における真実を述べることはないだろうとし、そのために同事件に関する真実の模索と情報の収集の努力を続けなければならないと発言した。

2021年9月27日

2021年9月25日

2021年9月24日

EU、露はウクライナの紛争の「仲介者」ではないと強調

EU、露はウクライナの紛争の「仲介者」ではないと強調

欧州連合(EU)は、ロシア連邦がウクライナ東部の紛争を「内戦」と表現し、自らを「仲介者」として振る舞うことを非難し、ロシアはウクライナに対して侵略を行っており、それが欧州の安全保障秩序に深刻な脅威をもたらしていると指摘した。

2021年9月23日

2021年9月22日

2021年9月21日

OSCE監視団、露国家院選挙投票のためのウクライナ東部からロシア領への「有権者」移送を記録

OSCE監視団、露国家院選挙投票のためのウクライナ東部からロシア領への「有権者」移送を記録

欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)は、9月18、19日、ロシア国家院選挙への投票を目的に、ウクライナ領ドネツィク・ルハンシク両州一部地域(CADLO、被占領地)の住民をロシア連邦領へと移送するバスの存在を確認した。

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}