大半のウクライナ国民は戦時下の選挙実施を危険かつ非常識だと思っている=ゼレンシキー宇大統領

大半のウクライナ国民は戦時下の選挙実施を危険かつ非常識だと思っている=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は、自身には選挙実施の用意があったが、大半のウクライナ国民は戦時下での選挙実施を「危険かつ非常識」だと考えていると発言した。

ゼレンシキー大統領がAP通信へのインタビュー時に発言した

その際ゼレンシキー氏は、ウクライナ憲法によれば、3月に大統領選挙の実施が予定されているが、戦争がその実施を不可能にしたと指摘した。

その他同氏は、戦時下に大統領であることがどれだけ困難かを表す言葉はないと述べつつ、同時に、大統領職を辞めることも想像できないと発言した。同氏はその際、「それは(編集注:自身が辞任したら)非常に不公平で、誤っており、間違いなく人のやる気をくじくものとなろう」と発言した。

なお、ゼレンシキー大統領は、以前、戦時下の選挙実施にとって特に困難なこととして、監視員の安全、軍人の投票、一時的被占領地や国外のウクライナ国民の投票、選挙実施資金確保を挙げていた。

ウクライナ憲法に従えば、平時であれば、最高会議(国会)選挙は2023年10月、大統領選挙は2024年春に実施されることになっていた。他方で、ウクライナでは現在戒厳令が敷かれており、選挙の実施は法制面で複雑となっている。現在も選挙実施可能性に関する議論が続いている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-