犯罪

裁判所、マンヘル容疑者に停職処分 4月6日まで

裁判所、マンヘル容疑者に停職処分 4月6日まで

キーウ(キエフ)市シェウチェンキウシキー地区裁判所は、活動家殺害組織容疑のかけられているヘルソン州議会議長のウラディスラウ・マンヘル容疑者を2019年4月6日まで停職させる判決を下した。

05.03.2019

首都で「ダイヤ検察案件」の証言者が殺害=元検察副総長発言

首都で「ダイヤ検察案件」の証言者が殺害=元検察副総長発言

サクヴァレリゼ元検事副総長は、検察幹部の汚職捜査の際に大量のダイヤを含めた金銭が出てきたことで、「ダイヤ検察案件」として知られる案件の証言者の一人、セルヒー・キセリョウ氏(貴金属工場長)が、キーウ(キエフ)市内で殺害されたと伝えた。

04.03.2019

27.02.2019

汚職スキャンダル:フラドコウシキー、検事総局と汚職対策局に事実確認を要請

汚職スキャンダル:フラドコウシキー、検事総局と汚職対策局に事実確認を要請

オレフ・フラドコウシキー国家安全保障国防会議(NSDC)第一副書記は、Bihus.infoの記者がテレビ番組「我々のお金」で伝えた同第一副書記とその息子等の汚職疑惑に関する調査報道の内容を否定しつつ、検事総局と国家汚職対策局(NABU)に対し、事実関係を調べるよう要請した。

26.02.2019

裁判所、ザマナ元参謀総長に逮捕判決

裁判所、ザマナ元参謀総長に逮捕判決

キーウ(キエフ)市ぺチェルシキー地区裁判所は、ヴォロディーミル・ザマナ元参謀総長に対し、判決前の予防措置として、逮捕する決定を下した。

25.02.2019

22.02.2019

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-