犯罪

2023年3月19日

2023年3月18日

2023年3月17日

2023年3月15日

2023年2月23日

2023年2月8日

【マレーシア航空MH17撃墜事件】共同捜査チーム、プーチン露大統領の武器提供決定への関与の兆候指摘

【マレーシア航空MH17撃墜事件】共同捜査チーム、プーチン露大統領の武器提供決定への関与の兆候指摘

2014年7月のウクライナ東部ドネツィク州上空でのマレーシア航空MH17便撃墜事件の捜査を行う「共同捜査チーム(JIT)」は8日、「『DPR』戦闘員に重火器提供の決定をロシア大統領が採択したことを示す大きな兆候がある」とする結論を発表した。

2023年2月2日

ウクライナの裁判所、汚職容疑の前国防次官の収監を決定

ウクライナの裁判所、汚職容疑の前国防次官の収監を決定

キーウ市のペチェルシキー地区裁判所は2日、ウクライナ軍人のための不適切な物品調達の容疑が伝達されたヴヤチェスラウ・シャポヴァロウ前国防次官の未決囚予防措置として、保釈金4億260万フリヴニャを設定した上で同容疑者の逮捕(収監)を決定した。

2023年2月1日

2023年1月19日

2022年12月29日

2022年12月8日

2022年12月5日

2022年12月2日

2022年12月1日

2022年11月18日

2022年11月17日

MH17撃墜事件裁判、被告人3名に有罪、1名に無罪の判決

MH17撃墜事件裁判、被告人3名に有罪、1名に無罪の判決

オランダのスキポール裁判コンプレクスにて開かれた2014年7月のウクライナ東部にて撃墜され、乗員・乗客計298名が殺害されたマレーシア航空MH17便撃墜事件裁判にて、4名の被告の内、イーゴリ・ギルキン氏(ロシア国籍、ロシア連邦軍元将校)、セルゲイ・ドゥビンスキー氏(ロシア国籍、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)大佐)、レオニード・ハルチェンコ氏(ウクライナ国籍)に対して有罪判決が言い渡された。

2022年11月9日

汚職犯罪容疑の前ウクライナ中銀総裁、国際指名手配に

汚職犯罪容疑の前ウクライナ中銀総裁、国際指名手配に

ウクライナの政権交換の汚職犯罪の捜査を管理する特別汚職対策検察(SAP)は、同国前中銀総裁であり、ウクルハズ銀行の資産横領の容疑がかけられているキリロ・シェウチェンコ容疑者を国際指名手配としていると発表した。

2022年11月1日

2022年10月25日

2022年10月24日

2022年10月23日

2022年10月21日

大型汚職容疑で起訴のウクライナ元国会議員に裁判所が勾留判決

大型汚職容疑で起訴のウクライナ元国会議員に裁判所が勾留判決

ウクライナの大型の汚職犯罪に特化して裁判を行う高騰反汚職裁判所は20日、ドニプロ市長に対して2200万ユーロ(約32億円)の賄賂を渡そうとした元最高会議(国会)議員のマクシム・ミキタシ被告人に対して、未決囚予防措置として、2億6000万フリヴニャ(約10億6000万円)の保釈金支払いの可能性を含む勾留措置を下した。

2022年10月19日

国際人権団体、ハルキウ州の人権侵害報告書公開 「ロシア軍の拷問は政策・計画の一部」

国際人権団体、ハルキウ州の人権侵害報告書公開 「ロシア軍の拷問は政策・計画の一部」

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は19日、ハルキウ州イジューム市のロシア占領政権による約半年間の占領期間の拷問や強姦などの人権侵害状況に関する調査報告を発表し、ロシア軍人の被拘束者に対する拷問は同国の政策・計画の一部であったと報告した。

2022年9月20日

トピック

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用に際しては、検索システムに対してオープンであり、ukrinform.jpの第一段落より上部へのハイパーリンクが義務付けてられています。また、外国報道機関の記事の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びその外国報道機関のウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。「宣伝」のマークあるいは免責事項のある記事については、該当記事は1996年7月3日付第270/96-BPウクライナ法「宣伝」法第9条3項及び2023年3月31日付第2849ー9ウクライナ法「メディア」の該当部分に従った上で、合意/会計を根拠に掲載されています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-
}