被占領下クリミアに親宇ポスター登場 「掘採プラットフォームははじまりに過ぎない」

被占領下クリミアに親宇ポスター登場 「掘採プラットフォームははじまりに過ぎない」

写真
ウクルインフォルム
ロシアにより2014年から占領されているウクライナ南部クリミアでは、違法に建設された通称「クリミア橋」(あるいは「ケルチ橋」)が描かれ、「掘採プラットフォームははじまりに過ぎない」と書かれたポスターが貼られている。

25日、クリミア自治共和国ウクライナ代表部がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「被占領下クリミアでは、ゼレンシキー・ウクライナ大統領の発言引用と『クリミアはウクライナだ』と書かれた自作のポスターが活発に拡散されている」と書かれている。

さらに、代表部は、違法クリミア橋の写真と「石油掘採プラットフォームははじまりに過ぎない。今後はさらに大きいものだ」と書かれたポスターが現れているとし、占領者たちに対して、クリミア住民がウクライナ軍の反攻を期待していることを伝えるメッセージが広められていると指摘した。このようなポスターが最もよく見られるのは、アルシュタ、シンフェローポリ、ケルチだという。

写真:テレグラム・チャンネル「クリミア パルティザンの英雄の地」 ケルチで撮影

これに先立ち、20日、ウクライナ軍がロシア占領政権の石油掘採プラットフォームを破壊したことが伝えられていた。

また、最近ウクライナ政府管理地域へと脱出してきた、クリミアの活動家ヴァシリ・サモイロウ氏は、クリミアにてウクライナを支持する住民は、実際には占領当局やメディアが伝えるよりもはるかに多いと述べていた

16日、ウクライナ国防省情報総局は、ロシアがウクライナの同意を得ずに違法に建設した「クリミア橋」の技術文書「ケルチ海峡の輸送路建設」を獲得したと報告し、オンラインで公開していた

レズニコウ宇国防相は、6月、米CNNへのインタビュー時に、ウクライナはクリミアを含む全てのウクライナ領を解放するつもりだと発言している

クリミア先住民族クリミア・タタール人の民族代議機関「メジュリス」の代表を務めるチュバロフ氏は、ロシアが違法に建設したクリミア橋(ケルチ橋)の破壊は、軍事的に不可欠であり、クリミア解放の必要条件だと発言していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-