米俳優ショーン・ペン氏、ウクライナ東部前線を訪問

米俳優ショーン・ペン氏、ウクライナ東部前線を訪問

写真
ウクルインフォルム
「ミスティック・リバー」や「アイ・アム・サム」で知られる米国の大物俳優・映画監督のショーン・ペン氏は、ウクライナ東部ドネツィク州アゾフ海沿岸の前線地域を訪れ、ウクライナ軍人と対話を行った。

18日、統一部隊作戦圏広報室がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「米国の映画監督・俳優のショーン・ペン氏が、初めてウクライナを訪れた。ウクライナのプロデューサー・チームとの制作協力の際、オスカーを2回受賞したことのあるペン氏は、ウクライナについてのドキュメンタリー映画を撮影する予定である。アイデアの基本は、私たちの国で現在起きていることを幅広く伝えることである」と書かれている。

写真:統一部隊作戦本部

発表には、ペン氏が、アゾフ海沿岸の自治体の一つを訪れ、ロシアの侵略の被害を自らの目で見たと書かれている。また、ペン氏は、ウクライナの軍人とも話をしたという。その際、ペン氏のチームは、ウクライナ軍人の中に多くの女性がおり、彼女たちが単に軍の中に加わっているのではなく、あらゆるレベルで戦闘課題を遂行しており、衝突ラインで部隊をコントロールしていることに驚いていたという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-