ウクライナのコロナ感染ピークは11月の見込み=保健次官

ウクライナのコロナ感染ピークは11月の見込み=保健次官

ウクルインフォルム
ウクライナ保健省は、新型コロナウイルス感染症による医療体制への負荷のピークが11月に訪れると見越している。

イーホル・クジン保健次官兼国家衛生医長がRBCウクライナ通信へのインタビュー時に発言した

クジン次官は、「以前、私たちは確かに、保健システムへの負荷のピークが今年の11、12月に来ると考えていた。現在、私たちは、ほぼ全ての予想から、その負荷のピークはより早く訪れる可能性があると考えている。どの程度前になるかを述べるのは難しい。なぜなら、状況は相当早く進行しているからだ。私たちが確実に見ていることは、負荷のピークは、11月に確実に来るということである。しかし、それが10月にも差し掛かるか、あるいは12月まで伸びるかは、今のところ述べるのは難しい」と発言した。

同氏は、負荷を予防することは、ウクライナ国民の大半がワクチン接種をすれば可能であると指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-